ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

何人いますか?(6月15日・水)

b0059410_11154180.jpg最近、ブログの更新状態が悪くてごめんなさい。
やはり、仕事でヘビーな出来事が続くと時間はあっても、気持ちが書かせてくれる余裕を与えないですね。
大企業の社長さんは、そんな大きな問題を日常的に抱えているのに頭の切り替えをどのように行っているのかとても感心してしまいます。
以前、トップの流儀というコラムに、トップになるには「頭の切り替えが上手い人」が条件として掲げられていた。確かに・・・とても重要な条件だ。

「気分転換に映画を観ます!」と言う割には、本気で落ち込んでいる時分は、映画もストーリーが頭に入らないときもありました。すごく落ち込んでいる時の映画は時々現実に引き戻され、ストーリーが途切れ途切れになり、最終的にどんなのだったのかと・・(苦笑)

スタッフと飲みながら、そんな話もした。
そしたら「どんな解決策も相手に求めていないんですよね、でも、聞いてくれたらそれでいいんです。」と言っていた。確かに・・・真剣に聞いてくれる存在はありがたいです。
また、畑違いな仕事をしている友達に意見を言われてとても新鮮で、すんなり頭の切り替えが出来る時があります。スタッフの一人もそう言ってました。

どんな友達を持っているか・・それがいい仕事ができる条件かもしれない。

以前、自分が抱えている悩みを友人に打ち明けたら、それよりも比較にならない最悪で貴重な経験をしていた。「だからさ、そんな事ぐらいあるよ。」
案外、こんな一言で、その問題から逃げずに取り組もうと気持ちに切り替わった事もありました。
あまり、率直な自己表現をしてこなかった自分でしたが、長年付き合っている友達に「本当の自分は・・」そんな話をしてみた。
長年付き合っている割には、本当に悩んでいる事を話さない友達だった。取り繕うというか、いい自分を見せたかったのか、悩んでいても結局話す段階では事後報告となっていました。「実は、彼と別れたの・・。もうその話はしたくない」という感じで(苦笑)私にもそんな時代もありました。

お互いがそうであったようで、自分の役割みたいなものを心得ていて、いつも自分は聞き役だったり、楽しませる立場で、弱音を見せて場を湿っぽくさせてはいけない・・・という持って生まれたサービス精神みたいなものがあったようだ。
それも、つまらないし、なんだか寂しい。
本音で語り合える友達が欲しい・・・ならば、自分が本音で付き合わなければならない。

しかし、いくら相手を信用していても、本当の自分を見せるのは、勇気が要ることだと思う。
本音で語れる友達・・・・そんな貴重な大切な存在・・・あなたは何人いますか?

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
めるまが登録ページ
atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-06-17 11:19 | ネイル

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧