ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大盛況のネイルイベント(7月7日・木)

b0059410_2392140.jpg行ってきました。PTAのネイルイベントに!!
一緒に行ったスタッフの一人は、なんとその小学校の卒業生だったのです。
このような形で、再び小学校に足を運ぶ事になるとはと感動のひととき。

ご参加者皆様の期待感がビンビンに伝わってきて、とても刺激的なネイルアートレッスンの時間を過ごしました。

その時、お集まりいただいた皆様に次のような挨拶をしました。
------------------------------------
敷居が高いといわれているネイルサロンを、親しみやすく通いやすいというお店づくりを目指しています。
ネイルサロンでは、塗らなくても飾らなくてもいいんです。爪の長さだって関係ないです。
私達のお仕事の中心はネイルケアというお手入れなのです。

また、私達は誤ったネイル知識と意識を払拭して、正しい知識を広めたいと思っています。
勘違いの代表が、爪はカルシウムで出来ているという間違った知識のまま、小魚を食べても爪が丈夫にならない・・・そのうちに、やっても無駄・・・そして、爪に無関心になります。

しかし、正しい知識でケアをすると、必ず爪は改善され、あなたの期待に応えてくれます。
爪が丈夫になれば、少し伸ばしたくなります。伸ばせるとおしゃれをしたくなります。
おしゃれをすると、意識がそこへ向きます。
カラーリングやアートをすると、元気になり気持ちが活き活きとなります。
爪という小さなスペースには、あなたを元気にする大きな力があります。
そんなすばらしいネイル美容を少しでも多くの方に知って頂きたいと思っております。

----------------------------------------

2時間はあっと言う間でした。切ないぐらいに。
お別れの挨拶をした時に皆さんが「ありがとうございました!」と声を揃えて大きな声で言って下さりとても嬉しかったです。
後片付けの時は、皆さんとの別れで少々寂しくなりましたが、なるべく淡々と後片付けをするようにしました。

ご参加者の中には1年前からこのブログをご覧頂いていたという方ともお話ができて、とても感動しました。
やはり嬉しいものです。照れくさくもあり、特別な存在でもあり、なんとも言えないぐらい嬉しいです。また、委員会の方にも「またお願いします」というお言葉も頂けました。ぱちぱちぱち~~!

嬉しいというコトバの最上級に値する日本語は何ですかね?っていう感じです。
PTA文化委員会の皆様、ご参加者の皆様、心よりお礼を申し上げます。

睡眠時間が少なくて朝はかなりきつい気分でした。
大切な一日の始まりなのにどうしようと思うぐらいだったので、少し不安でした。
でも自分にこう言い聞かせた。

「それぐらいで不安になってるんじゃない!お前それでも男か!頑張れ中川わ~~!」と自分に気合入れをした。

・・・・・・

!?

いや、そういえば私は女だった。
自分が女である事さえ忘れて活を入れていた中川であった。



●nailsalon Pureさまよりコメントを頂きました。(7月6日の日記についてコメントを頂きました。)


6日のブログを読んで、中川さんの「時間は有限です」
の言葉にハッとさせられました。
本当にそうですよね。当たり前の事なのに、時々忘れ
てしまっている時があります。

ついやらなければいけない事を後回しにしてしまう・・・
そんな事が今まで多かった様に思います。
今は、それでなかなか前に進めない自分に嫌気がさし
て、「日々、昨日よりも1つでも成長する」事を
心がけて生活をしています。今、できること、今、
するべき事をきちんとする。それが出来ている人って
以外に少ないのかもしれません。

中川さんも苦労が、かなりあったんですね。
本当に、中川さんのセミナーに行きたかった・・・
独立して出張ネイルを初めて1年程。
失敗の連続でした。

価格設定も安くしすぎて、
出張は移動時間がとられるのに材料費うんぬんを
支払えば利益など微々たるもので、「これって
趣味ならいいけどね・・・」っという感じです。

価格設定を安くした理由というのが、独立して間も
ない頃に施術した一人のお客様から、私の技術に対す
るお叱りのメールを頂いた事が原因でした。

自分の技術力に自信がなくなってしまい・・・元々安い
価格から更に下げてしまったのです・・・。
その後は、「ぜったいもっともっとお客様に満足
してもらうぞ!!」っという思いで今日まで来ました。

今では、沢山のお客様から「この技術でこの値段は安
すぎ」っとのお言葉を頂いています。
でも、なかなかあげにくい・・・これが現状です。

でも、来月思い切ってあげます!!
不安はありますが、これはビジネスです。

夢があるからには、思い切らなければいけない
と思うのです。
今回は、材料費や経費、そこからの利益、時間、
いろんな事を考えて先に毎月いくら売り上げたいか
を考えてから決めました。
あとは、技術は日々今より上手になるのはもちろんの
こと一人一人のお客様にその価格でも満足いただける
接客をしていこうと思います。

長くなりました。
中川さんのブログは本当にためになるお話ばっかり
です。

またコメントさせていただきたいと思います。

■nailsalon Pureさんコメント有難うございます。
私が言いたい事を代弁して下さいました。
価格設定についてです。

セミナーでも説明する予定でいる・・・問題です。
価格を低くする意味と目的、期待・・・間違っている事が多いのです。
でも、お客様にとって安いのが本当にいいことなのか、それとも経営者側の自己満足なのか
はっきりと見極めなければなりません。

でも、どんなに話してもなかなか解ってもらえない問題なのです。

安い価格設定は商売人側の甘えがあるのでは?と感じる場合もあります。
「こんだけ安くするから技術面は大目にみてくれ」的な期待がある場合もあるのではないかと・・・

もし、5年先も低価格で続ける覚悟があればいいと思いますが、
自分の技術が上手くなれば、値段を上げるとなると・・・結局ひとりよがりって事になります。
「この価格に見合った技術や接客でなければ!」と焦りさえ感じなければいいものを提供できないと思います。
nailsalon Pureさんは、自己の経験からすばらしい結論を導き出せたので感心しました。
本当に前向きな努力家ではないでしょうか。

良い値段に対する技術を常に磨き続けるスタンスを持つオーナーならば成功できると感じます。
私達も緊張感を持って、ある一定のレベルを維持するように努めています。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
めるまが登録ページ
atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-07-07 23:12 | ネイル

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧