ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

そりゃないだろー(7月9日・土)

b0059410_14381022.jpg今日は土曜日のレッスン日でした。
ネイルサロンの両店舗共に朝からとても忙しそうでした。

スタッフに電話をする。
「今話せる?(接客中ですか?)」
「すみません、今、接客中です。」
「じゃ後ほど手が空いたらお電話下さい!」
結局、話ができるのは閉店後って事もよくあります。お客様が最優先ですからね。

忙しくてランチタイムは17時とかも当たり前ですね。夕食は閉店後だと21時過ぎだから、ネイリストになって「太った」という理由はここにあるようです。

授業中に、生徒さんがこんな話を聞かせてくれた。
一度行った美容室・・あんまりよくなかったが、新たに開拓する気もなく、再度その美容室に行ったらしい。
ところが・・・・
長さを変える気はないと伝えた筈だが、また「長さはどうします?」って聞きなおしたり、根元だけ染めたいって伝えたのに、すべてをカラーリングされたり・・・
お客様の要求をいい加減に聞いて仕上げてしまった。
髪は随分切られてしまった。
そりゃないだろーーである。

それを聞いていた人は「それってさー、双子が入れ替わりに担当したとかじゃないの?」と冗談を言っていた。

当店でも、数年前、私がお客様になり、接客の練習をした時のこと。
「私に似合う色をお願いします。お任せしますから。」と言われているのに
「当店の人気カラーはですね・・・・」と、返ってきた。

どうも会話がかみ合わないのだ。
相手が何を望んでいるのかを考えずに、自分のペースで接客している上に言葉が足りなくて、ポイントもずれている。

「ご参考までに当店の人気カラーはですねー」と付け加えるならば問題ないとは思うが、冒頭にそれをもってこられると、お客様の満足感は得られないのではないかと思った。


私の友達が、近く同窓会があるので帰省するらしい。同窓会はエキサイティングだ。
自分の事はせておき、友達の変化が何よりの楽しみである。
自分の年齢を否定したくなるぐらい、見た目が老けている同級生もいたりする。

「ところでお前いくつになったんだよ」

それはないだろー、である。

その他の「そりゃないだろー」話をすると・・・

新聞で語学力の低下について語られていた。

「フランスに渡米しました」と言った人がいたらしい。

そりゃないだろー、である。
早く気化しなさい!だ。(帰化だろ!)

ま・冗談はこれぐらいにしておき。くるくると話は変わります。

そういえばうちの主人は歯のホワイトニングを始めた。
私が通っていた歯科矯正士の手によって3万円を掛けて!
新庄選手のホワイトニングはアメリカ人が好む白さらしいですが、あまりにも「やりました!」っていうのよりもナチュラルに白いのがいい。

ホワイトニングすると見た目はいいが、食べ物や飲み物が歯に染みるようになるらしい。
主人は、ホワイトニング効果は歯が丈夫になるのかと勝手に勘違いしていたらしい。

しかし、そこは人のいい静岡県人。
納得いかなくても、お願いしてしまったらしい。

手順はこうだ。
歯形をとったビニールに注射器で薬を注入し、歯に装着する。
そのまま就寝してもいいらしい。
自宅で何日間か続けないと効果はでないタイプらしい。もちろん即行でホワイトニングするのももあるが、白い歯が持続しにくいらしい。

私は直感したのですが、ホワイトニング専門のお店が日本でも流行ると思います。
もっと低価格で気軽にできるようになると思いますね。アメリカで流行っているものは10年の遅れで日本で流行ると聞きました。(う~~ん、じゃ、もう少し先なのかな)

夫婦で一緒にホワイトニングをする予定でした。しかし、まずは主人が実験台になり、もしよかったら私もやる事にします。【笑】

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
めるまが登録ページ
atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-07-10 14:34 | 社長

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧