ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

もうあのネイルサロンへは行かない・・とは(12月5日・月)

b0059410_12515165.jpg皆さんの中で「いい店」の基準はなんですか?

ディズニーランドでよく例えるのですが、ゲストはアトラクションに惹かれて行き、キャスト(従業員)のおもてなしの精神に感動してリピートするのだと・・・アトリエワイズでは話している。

人々が無意識に求めている・・人とのコミュニケーションがそこにはある。

過剰ではない程良い、最低限必要なコミュニケーション・・・それが、できる店が「いい店」の基準なのかもしれないと思っている。

しかし、これが世の中に不足気味なのかな・・と感じた話があります。

「“私、あのネイルサロンにはもう絶対に行かないわ!”・・・って言ってたんですよ。」

と、当ネイルスクールの生徒さんが休憩時間に友達のエピソードを話していた。
ネイルサロンオーナー、ネイリストとしても関心がある話題だ。

そのお友達というのは、都内某ネイルサロンでジェル(人工爪)の修繕の為に予約を取ったらしい。
ところが予約が一杯で希望の日は断られ、日程を先延ばしにされたそうだ。

ネイルサロンへ行き、サービスを受けた後、会計をする時に信じがたい話を聞いたという。

「○日以内ならば、無料で修繕となりますが、この時期では有料になります。」
「その○日以内が希望だったのに、その時にここの予約が取れなかったんですよ。」
と、言ってはみたが、しっかりお代を払わされたという。

結論として「もうあのネイルサロンへは絶対に行かない」となってしまったのだ。

こういう事をやるべきだったではないか・・・とシステム上の不足点を思いつく事もあるが、ここでの重要なポイントはコミュニケーション不足だと思う。

お店側が、お客様に修繕の為の予約を取るように勧める、それは無料の時期に関わる重要な事だと伝えたかである。同時に放置する事により、お客様の爪にもリスクが伴うという説明もきちんと話す。
そのリスクとは爪にカビが生えるという点。

説明は面倒かもしれないが、
ネイルサロンで支払った金額=カウンセリング時間+施術料金+アフターケア説明時間で、あるべきかもしれない。

ネイルサロンアトリエワイズでも、お客様に気持ちよく通っていただく為に説明ベタにならないように努めたいと思いました。

今日もこのブログへお越し下さり有難うございます。→→人気blogランキング



“『まぐまぐ!』メルマガフォー!(←あの調子で言って下さい。)
「メルマガ大賞2005」”で、このネイルな女社長の気ままなダイアリー書籍化も夢じゃない??

あなたのご声援・ご推薦で、ノミネートされるか、されないか決定します。
ぜひ宜しくお願いします。
*+*--------------------------------------------------------------*+*
【ご推薦方法】

1:こちらのタイトル&ID↓をコピーします。
  
  タイトル : ネイルな女社長のきままなダイアリー
  マガジンID: 0000138965 
        
2:こちらの画面↓で、それぞれ貼り付けていただき、
  ひとことお書き添えくださいね。

  → http://www.mag2.com/events/mag2year/2005/

 *+*------------------------------------------------------------*+*
12月7日(水)が〆切りとなります。




▼▲お問い合わせ&お申し込みはこちらへ▲▼
http://yz-nail.com/cur/ent.html

▼少人数制のネイルスクールです。ネイル夜間講習もあります。ネイルサロン府中くるる店の紹介▼


▼メールアドレス▼
info@yz-nail.com

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
めるまが登録ページ
[PR]
by yz-nail | 2005-12-06 12:52 | ネイル

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧