ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

手に入れてないものは失いようがない 【1月17日・火】

アメリカのボストンに留学中の以前のスタッフが、ネイルサロンアトリエワイズへお母様とご一緒にご来店頂いた。

とっても嬉しい再会でした。
アメリカのネイルサロン事情を聞くと、ネイリストは中国人が多くてしかもまともに英語が話せなくて、コミュニケーションは通訳者の出番らしい。
安い、早い・・でも、安いから言えない・・・というレベルが多いと聞いた。
クオリティのいいお店なんか皆無だという。

日本のネイルサロンにある繊細なサービスは海外で求められないと聞いた事があったが、どうやら本当らしい。
税関の女性のスカルプチャーの厚みは5倍だった!と呆れ顔で言っていました。

ま、他人のマイナスな側面を語って、どこか安心した気になってはいけないのだが。

中川家が愛するシッターの藤本さんからメールが届いた。
「今度、鹿児島へ行きますが、お土産は何がいいですか?母校の写真でも撮ってきましょうか?」という内容につい心が温かくなった。

「お土産は藤本さんの笑顔で十分ですよ。」と返信した。

藤本さん、実は娘がブログデビューしましたので親ばかながらこの場をお借りして報告しておきますね。

現在は藤本さんの代わりに、シッター会社に登録して派遣していただいてます。
ネバーランドという会社もかなり長いお付き合いになります。
社長の青木さんは、シッターさんと自宅へお越し下さった時に聞いた話ですが、
働く女性の為に「時間は掛かるかもしれないけど、家の事をすべて任せられる人材を育成したい」といっていました。
その延長線に存在しているのかは未確認ですが「まめテラス」というお稽古事の運営もなさっています。
少しづつ沢山の習い事がかじれるとあれば魅力的な講座だ。

いや、しかしだ、しかし・・スーパー家政婦ね(←中川が勝手に言っている言葉です。)
ずばり言うわよ・・

それははっきり言って理想だ。
甘えてる?
いや、理想だあ~~~!!!
なんだか一言本音を言ってしまうと、敵を作ってしまいそうで控えてしまいたい本音だし、きっと細木数子さんに「ダメだね!そんな甘えてちゃ・・何がネイルな女社長じゃ、爪を切れっ!」といわれるに違いない。

家事を任せたら、完璧にこなせて、育児もそつなくこなせる。そんなスーパー家政婦さんの育成を目指したいんですって。
核家族化が中心の世の中、昔の同居している心強いおばあちゃん的存在でしょ。

世の中には有能な女性が、労働条件に合わないというだけで家庭で息をひそめていて、
もったいない。
社会と家政婦制度が歩み寄って、子供に負担が掛からないような政策を打ち出してほしい。
出産は無料制度検討とか言ってますが、小手先の政策じゃなくって、女性はその先を悩んでいることを解ってほしい。

青木さんご自身がキャリアウーマンでありながら子育てをする苦労から生まれた会社だけに、一言一言に実に重みが感じられる。

託児所、保育園を超えたものを創造していくのだと思うのです。


女性にとって結婚後、仕事を続ける事でつきまとう悩みは子供を自分で育てるか、預けるかという選択に悩む時がくる。

ネイルの技術を学んでその後、赤ちゃんを育てて、技術力がさびついてしまうのではないかと心配する方もいる。

悪い事ばっかりじゃない、私の場合ですが、むしろプラス効果があったぞ!って話をします。
勇気を持って子供も産んで好きな事もして仕事もして下さいと声を大にして言いたいです。

妊娠をきっかけに独立し、
「手に入れていないものは失いようがない」何もないうちは失うものなどないから頑張るだけだとばかりの気合いで、周囲の協力を得ながら事業をスタートさせた。

私はどうしたか・・・

自分の代わりになる責任感のある人材を育てた。
不在の時にスクール生にはよりクオリティーの高いインストラクターを派遣してもらった。
ベビーシッター派遣会社の会員になり登録しておいた。

当時は自宅の一室がネイルスクールでした。
シッターさんもいたし、インストラクターもいました。
何かの時に動けるようにと同時にお願いしていた時もありました。

いかに、周囲に負担を掛けないで、会社を運営させる事に必死だった

スタッフを抱えるとリスクや教育、いろいろと大変なのは承知だけど、一人でやる仕事より感動が大きいと思う。

子供がいたから、人の協力が必要だった。謙虚になれた部分もあったし、人を正しく育てないと会社が潰れてしまうという危機感もあった。それが自分の成長にも繋がったような気がする。
自分ひとりでもできるとおごっていたらメンバーは育たなかったし、今のアトリエワイズはなかった。

現在のスタッフたちに出会えたのは諦めずに続けたからだ。
私にとってかけがえのない心の財産となった。

ブログで出会った人も多く・・感謝です→→人気blogランキング

こちらもはじめてみました。→→経営 Blog Rankers

▼▲お問い合わせはこちらへ▲▼
http://yz-nail.com/cur/ent.html

▼少人数制のネイルスクールです。ネイル夜間講習もあります。ネイルサロン府中くるる店の紹介▼


▼メールアドレス▼
info@yz-nail.com

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
めるまが登録ページ
[PR]
by yz-nail | 2006-01-18 01:35 | 社長

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧