ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ディズニーランドへ(6月23日・金)

b0059410_1554449.jpg府中市内の小学校のPTAより、ネイル講座のご依頼とお問い合わせがありました。
昨年開催した、小学校から評判を聞いて企画されたそうです。

この企画が実現できる事を期待しつつ企画提案書を作成したいと思います。

夜間講習の時に、検定特別講習を受講していた生徒さんがお越しになり、無事に2級を合格したとご報告を受け思わずスタッフらと拍手!!
1級合格に向けて、検定特別講習を再度受講したいとお申込みを済ませました。

この日まで、合否のご連絡が無かったので少し心配していましたが、ご本人にとって
報告は直接にと思っていらっしゃったのでしょうね。

また、このような嬉しいメールも届きましたので紹介します。

------------------------------------
こんばんは!
4月末にカレンダーを注文させて頂きましたO・Aです。
カレンダーのおかげもあり、おかげさまで、2級合格に達成の赤丸を付けることが出来ました。
ブログも毎日拝見させて頂いております!

先日の『新人ネイリスト』の内容は、今まで読んだ中でも、特に私の心に響くものでした。

子供が居たって夢に向かい進む事は出来ますよね!

子供に寂しい思いをさせたり、周りに迷惑をかけるかもしれない…でも、子供を理由に後で後悔するような生き方はしたくないと思いました。
---------------------------------------

O・Aさん、いつもブログを読んで下さりありがとうございます。
そして検定の合格おめでとうございます!

子供と仕事・・ワーキングマザーにとっては、母親の理想を追い求めてその溝を必死に埋めようとすると、その気持ちがかえって子供の居心地を悪くしてしまうと思っています。

子供がいるからショウガナイと取り組んでいると、それを側で見ている子供も自分が何かをできない理由を他の人のせいにする子になってしまうような気がします。

でも、子供に自分の愛情をめいっぱい注ぎたいから、仕事を離れて専業主婦でやっていくという考え方も賛成。
素敵な母親の愛情ですからね。

「仕事だけやってればそれでいい男って気楽だよな・・」と考えていた時期もありましたが、それも、仕事が上手くいかない甘えた気持ちでした。

「じゃ、仕事だけやっていてあんた成功してるのかよ。」と自分に問いかけた時
「康代・・お前な・・あのな・・いい訳ばっかり言ってるんじゃないのっ!」って自問自答してた時を思い出します。

出来る出来ないは環境ではなく、自分の中に答えがあるのですよね。



昨夜は、仕事を終えてディズニーランドへ行ってきました。
府中から高速なら40分ぐらいで行ける。案外近いものだ。

「子供との約束を果たすため。」もあるけど、自分の中でもディズニーランドが恋しくなっていた。

子供達を巻き込んで楽しんできました!

平日の夕刻からのディズニーランドは、アトラクションもほとんど待ち時間もなく乗れるのが魅力。

カリブの海賊では、暗闇の中で動くリアルな人形にビクビクし・・
ビックサンダーマウンテンで、生まれて初めての高速アトラクションを体験した息子。
2人掛けだったので、私が1人で乗り込み、後方に娘と息子が乗り込んだ。

息子は走り出すと表情を硬直させていた。
4年生の娘は怖かったはずだ。しかし、そこはお姉ちゃん・・そんな怖がる弟を気遣っていたのか、「ほら楽しいでしょ? 気持ちいいでしょ?」としきりに弟に語り掛けている娘の姿が印象的だった。
愛情と成長を感じたな。

その後、プーさんのハニーハントで気持ちが丸くなった。

エレクトリックパレードを見るときに、人垣の隙間からきらめきを覗き込むような場所だった。
大人の腰の位置に頭がある息子を抱え上げて観ていた。
高校生ぐらいのお兄ちゃん達の後ろで見ていた。

それに気が付いた1人の少年が、子供を前にやってあげようと仲間の数人に声を掛けて、見晴らしのよい位置を譲ってくれた。
身長の低い子供達にとって何の障害物もない最高のポジションだった。

少年の優しい気持ちや思い遣り・・
自分のお小遣いで友達とやってきて、パレードをデジカメでいいシーンを取ろうと思っていたに違いない。
頻繁に来場できない人であれば、我先にいい場所へと思う筈じゃないのかな・・・

素敵な出来事はパレード以上に感動した。


20時30分には花火が上がる。
「今日は何か特別な日だったの?」子供が言った。
その通り!ディズニーランドは園に来た人たちに「今日は特別な日だ」と感じさせる演出がある。

夜空に上がる花火が
自分に対するご褒美のようにも思え癒された。

出口に向かって帰る時に息子がこんな一言を言った。

「女って弱いよね。だって、転んだだけで泣くんだからさ。」
笑いが止まらなくなりそうだ。
なーに、言っちゃってるんだろう・・自分が怖いアトラクションを経験したからって、少し強くなった錯覚に陥っているのだろう。

カリブの海賊ごときでビビっていたクセに・・
このチビスケがっ・・(笑)

ま、男の子のこんな強がりが妙に可愛かったりする。


ランキングにご協力下さい!→→人気blogランキング

経営者専用ブログランキングです。→→経営 Blog Rankers

「きままなダイアリー」の更新を即座におしらせ!
まぐまぐメルマガ登録ページ
[PR]
by yz-nail | 2006-06-23 15:59 | ネイル

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧