ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ビジネス誌の取材 (12月17日・日)

b0059410_233397.jpg先日、仕事を終えてからひさしぶりにディズニーシーへ行きました。
ディズニーランドのビジネス本を読んだことがあると、違う視点からディズニーランドを見ることができ、サービス業に携わる人間としては大変勉強になる場でもあります。

どんな視点で見たとしても、ディズニーランドは夢の国には変わりなく
いる人たちはみんな幸せそうで、夢心地を味わえます。

そう、キャスト(従業員)は、ゲスト(お客様)が夢から覚めないように接客に心がけているんだから・・

不思議な事のひとつはディズニーランドには迷子がいないです。
いても仕方ないような状況ではあります。
迷子を見るにつけ、心が締め付けられ、その子供の心情になると可哀想で、
たまらない気分になります。

迷子の存在は
本人も、その親も、見ている人も不安な気持ちにさせますよね。
ディズニーランドの夢の国では決して許されない光景です。

これもビジネス書に秘密が書いてありました。

掃除のキャストも
出店のキャストも

すべての人々がそれだけを仕事にしているわけじゃないからです。
隅々まで目を行き渡らせているのです。
瞬時に問題の早期修復に取り掛かります。

ディズニーシーのレストランに行きディナーを取った
ヴィッフェスタイルのレストランでドリンクを待たせられた主人のところへ
「先ほどはお待たせしてすみませんでした」と謝罪の言葉とキャラクター入りのシールが添えられた。

謝罪の姿勢があるって誠意を感じる。

閉店間際のショップで娘がお友達にお土産を購入した時のこと
店員も最後の力を振り絞る時間だろう・・・

ひときわ目についたのは、大きな声でレジに誘導するレジ担当の男性キャスト
私はその列に並んだ
一人一人のお客様と会話をしながら、手は仕事を迅速にこなしている。
「今日はよいお天気で本当に良かったですね」とか
「あ!お誕生日おめでとうございます!素敵な一日を過ごせましたか?」

と、声を掛けている。
疲れた様子をみじんも感じさせず、閉店間際まで接客のプロフェッショナルを感じたね。
接客業を経験した事のある人間なら、そのすばらしさが解る筈・・

それがディズニーランドだ!

ちなみに息子と主人は買い物には興味がなく、店の外で待っていた。
主人が息子に「何か買いたいものあるか?」とたずねると
6歳の息子が「いいよ、俺、金もってねーから」と返したらしい
・・・・・
沈黙の後に主人は笑いが止まらなくなったらしいが・・

それが中川家だ!(←なんの自慢にもならん!)




今日は午前中に雑誌の取材が1件ありました。

理美容教育出版株式会社様の月刊誌「サロンオーナー」という雑誌取材でした。
http://www.ribiyo.co.jp/backnumber.pl?SALONOWNER

読者はその名の通り「サロン経営者」にはお勧めの本ですが

ネイルとは歴史の深さが違うので本当に勉強になりました。
ネイルはまだまだ浅いな~~と。
これだけ充実した業界紙がないですからね。

まず、取材の内容はネイリスト起業セミナーの講義内容でもある「ネイルサロンの作り方」について少し触れました。
取材にお越し頂いた編集部のS氏はこんな疑問を語り始めました。
「今後、美容室ではネイル美容を取り入れて相乗効果を期待している経営者も多いと感じていますが、美容室でネイルコーナーを設けても上手くいかないという話をよく耳にします。なぜだろうかと・・」

私もそれを冒頭にお話しようかと思っていたので
スムーズに取材が始まりました。

いまや、美容室の付加価値的存在として注目されていたネイル

ところが・・美容室の中でネイル事業をヒットさせるのはなかなか難しい
本当によく聞きます。

そこで・・

美容室が他店との差別化を図る筈が
お店の信用を失いかけないマイナスのスパイラルには
3つの原因が考えられるとお話しました。

1.おまけであるという位置づけ(相乗効果は期待できない)
2.ネイリストにレジ係りや受付を兼務してもらおうとする(独立採算制を考えていない)
3.ネイリストの技術者に対して、または、ネイル技術に対するリスペクトがない

お互いが成長できない環境を自らが作り出す事で
お店の信用を失い
スタッフのやる気をなくし
お客様の期待を超えるお店にはなりえない。

ぐるぐるとマイナスのスパイラルにハマるのではないかと思います。

要は徹底的に良いものを提供していくんだ!というスタンスで取り組まなきゃどんな商売だって上手くいくわけがないっていう話です。

S氏に話ながら

「実は、偉そうに語りながらも、
そんな精神を忘れないように
常に自分に言い聞かせているんですよね」

と伝えました。

セミナーでしかお話しないような内容もお話しました。
また、掲載された際には皆様にも紹介しますのでお楽しみに☆

今日もワンクリックして頂けたら嬉しいです!→→人気blogランキング

経営者専用ブログランキングです。→→経営 Blog Rankers

▼▲お問い合わせはこちらへ▲▼
http://yz-nail.com/cur/ent.html

▼少人数制のネイルスクールです。ネイル夜間講習もあります。ネイルサロン府中くるる店の紹介▼

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
めるまが登録ページ
[PR]
by yz-nail | 2006-12-17 23:15 | 社長

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧