ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ネイルスクールとの上手なつきあい方 (3月4日・日)

b0059410_1031119.jpg---------------
第8期ネイリスト起業セミナー@東京国際フォーラム
5月14日(月)開催決定
受講お申し込み受付開始
http://yz-nail.com/semi/index.html
----------------

第8期ネイリスト起業セミナーのチラシが出来上がりました!
TATさんで、ネイル商材をお買い物をすると、このチラシが手に入ります!
まるで来月開催か?!のような勢い。認知度が上がってきましたね。

自分って単純だなあ~って思うのは、
どんなに落ち込む事があっても
セミナーのお申し込みがメールで届くと陽転するんです。

ありがとうございます!!

ネイリストが
同じお店でテーブルを隣り合わせて、技術力もほぼ同じなのに
なぜか指名の数が大幅に違うネイリストっていませんか?

セミナーでは、そんなヒントも盛りだくさん。
現在経営者であるという方、将来起業するぞ!という方、現在フリーネイリストの方。

心よりお待ちしております。
http://yz-nail.com/semi/index.html




生徒さんに褒められて嬉しかったことを書きます。

「先生は、緊張感を持たせたり、ほぐしたりするのが上手いです。
就職した先で技術を教えてもらうのですが、
教えるのにはやっぱり技術がいるんだと改めて感じました。」
と・・

自分の仕事ぶりがそんな風に評価されると、嬉しくなってみたり
ふと、新鮮な感覚で自分自身を客観的視してみたりした。

教える立場の自分が気をつけたいと思っているのは

“何度も繰り返し同じ事を言わせると、私はこんなに機嫌が悪くなるんだぞ!”
というような威圧感を与えないようにしたいと・・

生徒が、先生の顔色を気にして技術を習得する必要なんてない。

それより

うっかりしたミスを繰り返す場合は、
理解しているかどうかが何度も質問してみる。
「どうしてこのプロセスは大切なんだと思う?」みたいに



ネイリスト検定特別講習ではいろんなスクール出身者が受講にいらっしゃいます。

通っているネイルスクールに不満を抱えている人も少なくなく、
自分もいち経営者として、
「こんな事が生徒さんのモチベーションを失墜させるんだ」と
身の引き締まる思いで聞いています。

今日は
ネイルスクールとの上手な付き合い方という新しい角度と視点でアドバイスしてみたいと思います。

インストラクターのモチベーションを上げて、ネイルスクールとの上手なお付き合いの仕方を教えます。

ポイントは3つ
フィードバック
コミュニケーション
ゴールセッティング


これを細かく説明していきたいと思います。


●練習した事は必ず復習してからスクールへ通う。

復習してないなら授業はキャンセルするぐらいな気構えで丁度いい。
「練習してきてません。」という発言と、明らかにそのような様子が何度も伺える生徒さんに対して
インストラクターのモチベーションが下がらなければ、そのインストラクターはかなりなプロです。

でも、プロ意識を相手に求めるばかりでは間違い。
きちんと教えてもらいたければ、自分もきちんとした姿勢を示さなければならない。

●分からないところはメールでも電話でも聞く。
  積極性を見せる。
  自宅で練習したものを先生に見てもらう。「プラクティスハンドにつけたので見て頂けますか?」っていう感じで授業の始まる前にタイミングをみて。
  練習を積むと、質問が増えます。
  心地よい緊張感が生まれすばらしい関係が築けます。
  
●遅刻しない・忘れ物をしない。
  相手の時間を大切にする。
  またキャンセルが多いと優先順位がかなり下だと思われますからご注意を!
  自分を大切にしてもらいたいと願えば、相手も大切にしてあげてください。
  
  習い事も人間関係
  誠意を持ってお付き合いすると誠意が返ってくると思います。

● 目標はきちんと伝えておく。
目標を誰かに話すのは、少し恥ずかしいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
ゴールに向かって一緒に走っていくという一体感が生まれますし、
インストラクターの やる気に火をつけます。(ガオガオ~~!「中川せんせ!おっ・おちっ・・落ち着いてください!!」→中川、羽交い絞めされたままフェードアウト・・・)

明確な目標ならそれがベストですが、もし目標がまだない場合は、
せめていつまでに卒業するという期日をきちんと伝える事。(隠れポイントだと思う)


自分の目標を誰かに発表するというのは、自分にとっても良い効果を生みます。


上記のような事が守られていないで、
「お金払っているんだから、きちんと教えてもらって当然でしょ」というのは乱暴な話です。
 
インストラクターにとって、生徒さんの成長が一番の遣り甲斐に繋がる事だと思います。
一方通行ではなく、双方向で高められたらいいですよね。

中川先生、若いですね!そんなヨイショは必要ないです。(いや・・たまには無理してでも言ってくれ!頼む!)

生徒さんの前向きにひたすらに頑張る姿が
実は一番のフィードバックだと感じます。

こちらも応援してくださいね→→人気blogランキング

経営者専用ブログランキングです。→→経営 Blog Rankers

▼▲お問い合わせはこちらへ▲▼
http://yz-nail.com/cur/ent.html

▼少人数制のネイルスクールです。ネイル夜間講習もあります。ネイルサロン府中くるる店の紹介▼

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
http://www.mag2.com/m/0000138965.html
[PR]
by yz-nail | 2007-03-05 10:55 | ネイル

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧