ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

初めて事の大きさに気が付く

今年、あなたのサロンを元気にするセミナーへ参加してみませんか

どうやってサロンを立ち上げていいのか。
開業手続きについて。
「起業するには」を現役ネイルサロンオーナーが教えます。

第10期ネイリスト起業セミナー@東京国際フォーラム
詳しくはこちらをご覧ください。
▼▼▼   ▼▼▼
http://yz-nail.com/semi/index.html

★ネイル商材屋TATさんで3月以降お買いものをすると納品書とセミナーチラシが届きますよ!
---------------------------------

以前スチューデントサロンのスタッフで、当校の生徒でもある方が
目標にしていた独立開業を果たし、数ヶ月が経ちました。

昨夜、スタッフ教育指導についての相談のメールを受けました。

似たようなケースのご相談を受けることがあり、ご本人の承諾を得たので
紹介したいと思います。
-------------------------------------------
先生。
また新しく人が入りました。
だけどマタ私より年上です。
私が1番年下です。

しかし、1番長く働いてて、社員でありトップでもあり。

スタッフの話しを聞いてると前のサロンにいた時
「年下の子が上司であれこれ指図されて気分は良くなかった」
みたいな話しをされました。

それを聞いてから余計に指示するのが難しくなり、ど-したらいいのか悩んでます。
あとは技術的な面で引け目を感じてしまったり。

役職も無く、経験も無く。
経験がある方に対しての指導と指示に迷いがあります。

なんか上手く伝えられないンですが親でもあるオーナーに話しをしても
「バカぢゃない。気にしないでやればいいぢゃない」ッテ言われて。

でも私の中じゃその一言で片付くような事じゃなくて。

イイところは勿論沢山あって見習いたいところも沢山あるンだけど、
マイナスを見付けてしまうと、そっちも沢山見えてきちゃって。

辞められたら困るが故に甘やかした部分が、今最大限になって出てきてる子がいるんです
注意するのが私の役目。
だけど言い出せ無い。

でもその注意ッテ社会の常識であり普通の当たり前の事なんですよね。

・・・・今更ですが
遅刻、当欠。多くて本当に申し訳ありませんでした。

今になって自分がやってきた行動に深く反省しています。
迷惑ですよね。

自分がその立場になって初めて事の大きさに気付きました。
-------------------------------------

指導する立場、経営する立場になってみなければ解らないところも多々ありますよね。
過去の出来事に対する自己反省を謝罪できるなんてなかなか出来ないですよ。

私にも過去を思い出して赤面するような経験がありますので偉そうな事は言えませんが、私なりの考えを伝えました。

●年齢についてです。

私の経験で、上司が年下で注意されて心が素直に受け入れられない時というのは、その人が尊敬できない仕事ぶりだったからです。

年齢が年下であっても、誠意のある仕事ぶりをしていたら自然と敬う気持ちが相手にも芽生えるものだと思います。

そのようなわけで、経験は重要でも年齢はあまり関係ないと思います。
年下であっても尊敬できるスタッフはいます。

●経験、役職がなく技術指導に迷いがあることについて

経験が足りなくて技術面で指導に困ったら「あなたのやり方も勉強になるのでぜひ教えてください」と良いところはどんどん吸収し現場で活かします。

でも、それが接客面、料金面で問題があるようだったら
統一する方向で会議の場で冷静に話し合えばいいと思いますよ。
ルールを作ったら、それを意識するように働きかけをしていきます。

訳もなく否定しないように努めていきます。

●辞められたら困るが故に甘やかした部分が、今最大限になって出てきてるスタッフがいる事について。

「注意して辞められては困る」・・・そんな気持ちが相手に伝わっているかもしれません。

言えない事が続くとマイナスのスパイラルを生み出します。
守って欲しい事がお客様に迷惑が掛かる事、チームワークに悪影響であると判断したなら
繰り返し注意指導が必要です。

他のスタッフはKさんやオーナーの対応を静観していると思いますが
注意しない状況が続くと
まじめで仕事ができる人さえ「バカバカしい」と感じた瞬間に離れて行ってしまうと思います。

スタッフが辞めていく事はとても残念な事でもありますが、
和を乱す人がいるよりも、精神衛生状態が良い環境の方がチームはいい仕事をしてくれると、気持ちを切り替えるなければならない時もあると思います。

スタッフに続けてほしいなら、そんな気持ちをきちんと伝えてから
指導すると、自分が感情的になるのを抑えられ、相手も冷静に聴いてくれるかもしれません。

●社会人として常識的な事なのに、言いだせないという事について

「言う前に察してくれ」という気持ちになります。注意するなんて誰だって嫌な仕事ですからね。

コミュニケーション不足で起こる問題は実に多いので、一度、そのスタッフと話し合いの場を持つべきです。

Kさんの気持ちを伝え、相手の話にも耳を貸すようにしたらいいのではないですか?

休みが多いのなら「あなたの現状が契約時と変わりつつあるのでしたらお話下さい。」と聞いてみては如何でしょう。

お店やチームワークにとって不利益な事ならば、
どうしてなのか解り易く具体的な例を挙げて伝えなければなりません。
注意指導する内容が、そのスタッフの為になるのであれば、そんな気持で伝える。

最後に
スタッフが過去の出来事に対する自己反省のきっかけを作ってくれたんだと気持ちを切り替えるようにして、この出来事を徹底的にプラスに転換していきましょう。

今後、いろんなスタッフとご縁がある前に、ルールづくりと指導マニュアルを作成してみてはいかがでしょう。


途中で甘えが出る事もあるし、忘れるという事もあるので、繰り返し繰り返し指導していく事が経営者でもあるKさんの仕事の一部になってきますよ。

指導しながら自分が学習し成長できる事もありますから
マイナス面だけではない筈です。

すべての出来事をお店やKさんの血や肉にしてしまいましょう。


経営者専用ブログランキングです。→→経営 Blog Rankers

▼少人数制のネイルスクールです。ネイル夜間講習もあります。ネイルサロン府中くるる店の紹介▼

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
http://www.mag2.com/m/0000138965.html
[PR]
by yz-nail | 2008-02-27 00:13 | ネイル

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧