ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧

<   2004年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

香水の力(11月29日・月)

b0059410_19151873.jpg今日は、生徒さんのリクエストにお答えしまして私のコスメボックスをご紹介します。
なんて大したものは入っていないのです。ごめんなさいなんです。
毎朝、自分の顔を少し変装させるために(外出可能な顔にするために)化粧をしています。

ほぼフラットな濃尾平野の顔面に、多少の陰影により高低を出すコンシーラーは時間の余裕がある時にやってます。

輪郭のぼやけた唇に、メリハリを利かせるために唇の枠には濃い色かリップライナーをつける。

年と共に増えた小じわは笑って紛らわす・・・(苦笑)。

写真には香水も数種類写っていますが、基本的にはあまりつけてないです。
苦手な香水でも「ベビードール」は結構長い間愛用してますね。

私のOL時代のお話です。
社長がヨーロッパ旅行のお土産に、香水のミニチュアセットを買ってきて下さいました。
その香水たちを目の前にして、成熟した女性の気分に浸った。あまりにうれしいお土産に勤務中だったのにも関わらず香りを楽しんでいた。
そこへ、パソコンを打っていた社長が怖い顔で振り向きこう言った。

「○○くん!!(←私の旧姓)今、香水をつけましたね。」
「あ・あ・・はい。」(叱られるのかと思って緊張している私)
「女性が香水を付ける時は男を惑わせる時だけです!!」
「・・・・!!!??」

周囲は大爆笑・・・。

香水の効果・・・そうだったのですね社長。
しかしまだ、中川は香水の持つ力を実感していないのです。

・・・社長おーーー!!惑わせ方を教えて下さいっつ!!


>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2004-11-30 19:39

夢の役割(11月28日・日)

b0059410_6424971.jpg年末に向けて、自宅の大掃除を開始した。
毎週末に出来るところを出来る範囲で片付けていく。

今年の計画には網戸の張替えがあり、網やそれに関わる道具もすべて購入した。以前は防犯の為に自宅のドアノブ交換までやった。網戸張替えやドアノブ交換を自分でやってしまう男っぽい自分が好きだ。男っぽいって言っても実際、男性の知り合いで網戸の張替えをしている人は私の周囲にはいないようだけど。

実は悪い夢で目が覚めた。
その夢とは・・・私はニューヨークに住んでいて、ボロい日本家屋に住んでいる。
ガラスでできた扉は、鍵が壊れかけていて、修理をしている側から泥棒が近づいてきては、正面から堂々と盗みを働こうとする。
鍵を替えたくても、その場を離れる事ができないのだ。
そんな変な夢で目が覚めて、不安な気持ちに陥った。朝からなんとも気分の悪い目覚めであった。

夢とは、精神のバランスを保つために見るそうだ。
と、大学で心理学のサークルに在籍していたという主人に聞いた。それが夢の役割。
楽しい事が続くと、不安になる夢を見たりする。実際には起こりえない夢を見るというのだ。
楽しい事、不安な事を夢の中で見ておきバランスを取っているらしい。
不安ばかりあると、楽しい夢もみている。しかし、印象に残らないものは目が覚めて忘れているらしい。

よく正夢とか、虫の知らせとかいうよね。
そんな夢の後、慎重に物事に取り組んだりするので、悪いように取らなければいいよね、って自分に言い聞かせたりして。

年末年始、泥棒は稼ぎ時かな?皆さんもできるところから防犯していきましょうね。

※写真は、塩をかけて食べるおいしいお豆腐と墨で焼きたらば~。夜はリラックスしたひと時を過ごした。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2004-11-29 06:47 | 休日

どんな感じにしたい?(11月27日土)

新しくオープンするネイルサロンの雰囲気をどのような色調b0059410_8333216.jpgにするか・・・それが内装工事をお願いしている業者さんとの打ち合わせのテーマだった。

お客様は滞在時間が1時間~2時間。心地よい空間とはどのような配色で、レイアウトはどんな配置ならばいいのか。セオリーを聞きながら自分の望むものをお話した。

2案出した。
ひとつは、明るい木目とホワイトを基調にした店内。清潔で明るい感じ。木目がホワイトにやさしさを加える。
もうひとつは、木目とブラックの組み合わせ。重厚な感じで落ち着いた大人な感じで粋なバーをイメージした雰囲気だ。

業者さんからは、周りの店舗から埋没しない印象になるような店内の作りを目指してみる、という提案もあった。私が初めにそう言い出したかもしれない。
なんせ、今はホワイトが流行らしく、どこの美容室もホワイト基調の店が多いらしい。
それはやめましょう・・・ってきっぱり言われました。
うん、確かに・・・。
しかし、デザインの打ち合わせ前は、とにかく奇抜で斬新な話題性のあるお店にしたいと思っていたのだが、いざデザイン画を起こす段階では意外にも妥当でありがちなスタイルを求めてしまう自分がいた。
案外、保守的な中川だったりする。正直に言ってつまらない・・どこにでもある感じのネイルサロンになりそうで怖い。自分ってこんなに普通で妥当を求める人間だったのか?
どっか冒険してくれるんじゃないかと期待していた。

来週はいよいよ2案のデザインイメージ画を見ることができる。
さて、どうなることやら・・。
そのデザイン画を日記でご紹介したいと思っています。お楽しみに~

写真はUVジェルオーバーレイの練習台になった私の手です。
トップコートやエナメルを何も塗らなくてもつややかな光沢を維持できるのでいいです。
一番上の写真
水あめ状のジェルを爪の上に筆でのせていきます。
真ん中の写真
UVライト(紫外線)に爪を当て、ジェルを硬化させます。
一番下の写真
出来上がりです。
先太りが少し気になりますね。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ

■Ken-2004さんからのコメント■ホームページとネイリスト(11月25日木)日記について

こうした時代、HPは、情報発信として大変大切ですよね。
私の勤務先でもHPで色々な情報発信に努めていますが、恥ずかしいことに、私自身は、更新すらできません。100%担当者に任せっぱなしです。
でも、一日に一回は必ず確認しております。そして、内容が古く、情報として新鮮味が??と首を傾げることがあると、直ちに改めるようにしていますが・・HPは、10代の若い人から高齢者の方まで、国外でも見て頂いている人がおられる。HPは、情報発信の一手法ではあるが、私は『見せるのではなく、見て頂くもの・・』と考えています。
アトリエワイズのHPは、中川先生が直接作っておられることが、見せて頂く度に感じております。そして、内容の新鮮・斬新さにビックリしています。私の社の参考にさせて頂いております。今後とも素敵なHPを期待致しております。頑張ってください。

●Ken-2004さんコメントありがとうございます。
私のHPを最初に立ち上げてくれたのは主人の会社の方でした。
これからは1社に1つHPを持つ時代だから・・・って無償でアップロードをしてHPを公開してくださいました。それが今から6年ぐらい前だったと思います。
昔はHPを製作するのにお金を掛ける事が非常に馬鹿馬鹿しいとさえ感じていた恥ずかしい頃もありましたが、今、弊社との出会いはHPからという方が非常に多いのです。
会社の顔とも言えるホームページですからね【焦】鮮度だけが売りじゃ駄目だと思っています。リニューアルしたら是非Kenさんのご意見をお聞かせ下さいね。
ちなみにアメリカの取引先の担当者も「日記読んでます」ってメールを下さいました。
うれしいですね。
もしかして、アメリカの大スターも見てるかもしれない!って一瞬思い上がっていてどうするんだ~~。早くリニューアルしろっ!です。(苦笑)はい、やります。

■hiyokoさんからのコメント■ネイリスト派遣(11月24日木)の日記について

以前に中川さんにアトリエワイズでネイルケア&カラーリングを
していただいたこともあるとってもラッキーなhiyokoです。こんにちは。
毎日楽しく拝見しています。

派遣でいらしていたネイリストさんのお話。
私も派遣社員として仕事をしているのでとーっても
興味深かったです・・。
派遣契約で決められた期間内の間、質の高いスキル提供をする
ことが自分の責務と思って仕事をしています。
短い契約期間の中でそれなりの成果をあげるのが
派遣社員の仕事であり、そういう緊張感が
好きで私は派遣というスタイルを選んでいます。
なので、仕事をする上では、派遣だからこの程度で許して
もらおうーとか、この程度でいいだろう・・と
手抜きをして仕事をしているつもりは全くありません・・。
でも、そういう派遣社員の気持ちも知らずに
「派遣はお気楽だからいいよね~」とか
「派遣は責任がないからいいよね~」と
派遣先の正社員(どういうわけか、こういうことをいうのは
若い、しかもあまり仕事のできない女性が多い・・・)に
言われて悔しい思いをすることもしばしば・・。

なので、中川さんをはじめ、アトリエワイズのスタッフの方たちのように
派遣の働きっぷりをきちんと正当に評価してくださる環境は
とても羨ましいと同時に、派遣として働き甲斐があるだろうな~と
読んでいて感じました。プロとして意識が高く、
お互いをリスペクトしあえる関係があるからこそ、
お店の雰囲気もいいんだろうな~と思います・・。
たま~に浮気して(ごめんなさい!)他のサロンに
行くことがあるのですが、ネイリストさん同士の
コミュニケーションがなくて
「おいおい、あなたたち喧嘩中ですか??」って感じで
ギスギスしていて居心地悪~いと感じることもあるんです。

これからも、質の高い(でも親しみやすい)ネイルサロンで
在り続けてくださいね。またお邪魔します♪

匿名希望のhiyokoより♪

●hiyoko さん
コメントありがとうございます。
私が担当させて頂いたのですか?hiyokoさん!
ひや~、緊張します。ご来店ありがとうございました。(頭を下げている。)

派遣は大変ですよね。私はつい、一所に安住を求めるのですが、求められればその度に働く場所を変え、また新たに覚える事も発生してきますし。
私は、事務のアウトソーシングも含めて派遣をお願いした事はありましたが、本当に助かりましたよ。「大変だから助けてえ~っ」ていう時に頼もしかったですね。
hiyokoさんのように真面目に取り組んでおられる方は、メールを拝読していて、とても気持ちいいです。また聞かせてくださいね。
しっかし、常識のない事をいう奴もいるんですね。驚きました。失敬な!!

また他店のネイルサロンの事・・・怖いですね~。
「人とコミュニケーションしなくても生活できる現代社会」とどこかのコメンテーターが言っていました。
そんな時代背景があるからネイルサロンが流行ったのではないかと思うのです。
気持ちよくお帰り頂きたいという気持ちを忘れてほしくないですね。
って・・・hiyokoさん・・・浮気しても戻ってきてね。待ってます!(笑)
[PR]
by yz-nail | 2004-11-28 09:26 | 社長

ホームページとネイリスト(11月25日木)

今日は、スタッフの為のエアブラシの講習会をした。

見よう見まねでは不可能な、きちんと基礎を教えてもらわなければできない、とても立体的なエアブラシのやり方を教えた。

b0059410_13505539.jpg自社のホームページリニューアルの件で、見積もりを出してもらった。その際の業者との打ち合わせで興味ある話を聞いた。

HPはまめな更新が要だ。それには作り手が楽しんで取り組まなければならない。

話題に上がったのは、某お店のホームページ。

「100万円以上お金を掛けているが、全く面白味がない。」

その某会社のホームページの印象を一言で言うと「浅い」のだ。深みがない。

え?ここまでの情報しかないの?という壁を感じる。「毎回、訪れるが面白くないんだよね。」と言っていた。その不満は私も同じものを感じていた。

ホームページの更新に携わる人は技術が上手い人よりも、自社のPRを楽しんで取り組んでくれる担当者一人に任せる事が大切だというのだ。

「みなさん、こんにちは、寒い季節になりましたねー」みたいな語りかけや、作っている人のテンション、体温が感じられるような・・・。

作っている人が楽しんでいなければ、読んでいる人を楽しませる事は難しいのかもしれない。

勿論、自己満足だけでは駄目ですけどね。



それをネイリストに当てはめて考えると。

アートを作ることやお客様に施術することに苦痛やプレッシャーばかり感じて取り組んでいても、お客様を楽しませることは難しいのではないだろうか。

いい技術を沢山学び、「あのネイリストは深い!」と感じさせたい。お客様が、色んな事をお願いする度にどこまでも可能性を感じる・・・と思われたいスタッフと中川であった。



ちなみに、自社のホームページは、少々まとまりがないとアドバイスを頂きました。

作っている私もそう思うから間違いない。(苦笑)

なんとか早く生まれ変わりたいホームページ・・・・。

※写真は完成近い、京王線府中駅前ビルの「KURURU(くるる)」だ。ここの3Fに新規ネイルサロンをオープンさせる。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。
atelier Yzホームページ

■第二期ネイリスト起業セミナーへお越し下さった方からのコメントです。

お久しぶりです。
先生のメルマガはいつも楽しく拝見させていただいております。
実は、今回再び東京に行くことになりました。
東京ビックサイトで行われるイベントに来ないかと、以前セミナーで仲良くなった○さんに誘ってもらい、会社も休みが取れたため思い切って行くことにしました。

イベントは29日30日で本当は28日の夜行バスで行く予定だったのですが、あいにく席が取れずどうせ休みなので27日から行っちゃえ!!!と思い27日の夜行バスで行くことになりました。
先生はイベントにはいらっしゃるのでしょうか?私は買い物と自分のテンションをどんどんネイリストモードにするための刺激をもらいに行きます。
実はかなりバタバタしてしまったのですか、来年からスクールに通うことになり、スクールの先生にもご挨拶をしてきました。以前中川先生にも資料を見ていただいた、○○です。

先生に見ていただいた後、体験入学に参加し何度か練習だいになってほしいとお声をかけていただき参加し、準備は完璧です!!先生には『1月に入学して週2回通えるなら、4月の検定で2級受けましょう』とびっくり発言まで飛び出し、最近私はどきどきして寝不足になってます。でもなんとか合格したいと思ってます。

ところで、今回連絡させていただいたのは、一度先生のサロンに28日お邪魔したいなぁ・・と思いましてメールしました。(本題までが長くてすいません。色々お話したい!!と入力していくといつもこうなってしまいます)
28日は新宿のホテルに宿泊します。先生のサロンは府中の方ですよね。
私は東京はあまりよくわからないのですが、1時間か2時間ぐらいでいけると聞きました。
是非詳しく先生のHPを見て、ご挨拶がてらお伺いします。
そのときお会いできればうれしいです。
それでは。

●プレッシャーを心地よく感じながらもどうせ勉強するなら楽しみながら習得してくださいね。好きな事を仕事にするんだ!という最大の夢の第一歩ですからね。とっても楽しみです。是非再会したいです!!!! 連絡お待ちしています!!再会かあ~~(しみじみ)た・の・し・み♪あ・そうそう新宿から府中は特急で20分ぐらいですよ。お気を付けてお越しくださいね。
[PR]
by yz-nail | 2004-11-26 13:54 | 社長

ネイリスト派遣(11月24日木)

b0059410_016518.jpg人手が不足した時に日を違えて何社かお願いした時があった。
派遣は一般的にとても高額だ。それだけにそれに見合った稼ぎができなければ、派遣会社さえも信用を失う事になる。
働きぶり、腕前拝見といったところだった。
当社へ派遣してきたネイリストは22歳(だったかな)とても明るくてハキハキしていて期待した。ネイルサロンも一箇所で3年以上働いた経験があり、それも好印象だった。
しっかしそれ以上に驚いたのは彼女のパワフルな働きぶりと売上だった。
営業も上手い。聞かせる営業をしている。テンポよく勧めるのを聞いていて気分がいいのだ。お客様も楽しみながら聞いているのが店内中に響いているようだった。

顧客カルテで予備知識を得て、お客様がご来店する前にある程度お勧めメニューを決めておく・・・そんな彼女のスタンスも惚れ惚れした。

たった2ヶ月ほどの短い間だったが、指名も取れるし、技術者3人分の売上はぺろりとやってしまう優れた人材だった。
派遣先の会社も「うちの働き頭」と言っていたのは納得である。
彼女がいた頃、スタッフの全員もいい刺激になると口々に言っていた。

派遣だから?期間が短いから?それもあるかもしれないが、お客様やスタッフ・・・人々にいい影響を及ぼす事、短い期間でよい実績を残す事は演じてはできないと思う。

実にいい出会いだったな・・・・。

彼女が期間を終えて、数日経った時に派遣会社の人がアポイントもなしに突然当ネイルサロンを訪れた。
引き抜きを心配して見えたのだろうと思った。・・・そのような印象を取引先に与えてしまい、それは少し残念だったかな。

しかしすぐれた人材を抱えるほど派遣業務は大変なのだろう。

写真は、スタッフ作品のクリスマスをテーマにしたアートチップ。雪の結晶のピアス付きだ。ネイルサロンフォーリス店頭にて12月にネイルアートチップ作品コンテストを開催します。お気に入りのネイルアートチップにご投票下さった方の中から抽選でプレゼントがございます。是非ご参加くださいね。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。
atelier Yzホームページ

■中川先生ご無沙汰してます。

前回の起業セミナーに参加させて頂いた○○ですが覚えて頂いてますでしょうか?
先生の日記毎日楽しく拝見しています!
なので先生の事は何でも知ってますよ~(笑)
冗談はさておき、中川先生は私が尊敬する数少ない素敵な女性なのです。
ネイルの世界に対する情熱や女性としての生き方そんでもってチャーミングな所。
中川先生の大ファンになっちゃいました。

私と言えば頭でアレコレ考えてるうちに疲れちゃって楽な方へ楽な方へと
流れてぐずぐすしています。
行動力はある方だと思ってたのですがこの会社を辞めると言う決断がなかなか出来ないのです。

辞めたいと辞めるの間には大きな壁がありますよね。当たり前ですけど・・・

でも今真剣に慎重に考えてます。
中川先生の足元にも及びませんが先生のようになろうと努力してます。

先生はまた新しいサロンオープンされるのですよね!
是非一度お伺いしたいです。

いよいよ明日から冬がやって来るらしいですよ。
風邪など引かれませんように。。。

今日は突然メールして申し訳ございませんでした。

●ご丁寧なメールを頂きましてありがとうございました。
有難いお言葉の数々に、小さくなっていく中川です。そのありがたあ~~いお言葉に相応しい自分になれるように頑張ります。ネイリスト起業セミナーで富田先生がおっしゃったようにそんな時期がくれば物事がぽんぽんと運びます。
だから、まだその時期に来ていないのかもしれませんね。焦りはよくないですから。
周囲に独立してすぐに畳んでしまった人を何人か見ています。行動力実行力も大変すばらしいことですが、始めたからには続けなければ信用をなくしてしまいますからね。経営には慎重なスタンスが求められます。(って偉そうですね。)是非再会したいと思っていますのでお気軽に遊びにいらしてください!!
[PR]
by yz-nail | 2004-11-25 00:20 | ネイル

仕事と育児(11月22日月)

b0059410_14101835.jpg今日は子供が風邪で小学校を休んだ。シッターさんに頼む事もできたが、できるところまでは親である自分がやろうと思い病院に連れていき、私の仕事部屋に毛布を持参してロングソファーに子供を寝かせておき仕事をした。

子供がいる経営者であれば、これは必ずあり得る事だ。必ずついてまわる問題だ。(周囲のスタッフに気を遣わせる事を恐縮しつつ)それを覚悟できなければ続けられない。
周囲の協力があって何とかここまで辿りつけた。経営の陰にシッターさんやスタッフの協力があった。このご恩は一生忘れない。

一番大変だったのは、子供を産んですぐに復帰した時だった。
友達と育児ストレスについて話をしたことがあった。核家族で乳飲み子を抱えて仕事をしていると、ものすごくストレスを感じ、大変逼迫した状況に追いやられることがある。そうでなくてもやはり子育ては大変だと思う。
仕事と育児を両立させたいと思うのは大人のエゴかもしれないが…。

ネイルに関係していると、いつも長い付け爪にアートを施しているようなイメージがあるかもしれないが、新生児を抱えてそれはできない。違うシチュエーションでは、いくら爪が短くてもエナメルをして乳飲み子を抱えていると奇異な目で見られることもある。
育児中も綺麗でいたい。ネイルを専門に仕事をしている私は特にそう思っていた。
アメリカのネイル専門誌にこんな写真があった。
授乳中の母親の指先がきれいな短く清潔的なフレンチネイルになっている。
幼児と手を繋いでいる母親の手にはやさしいピンクカラーのエナメルが塗られていた。
イメージ広告だが、とてもインパクトがあったし感じるものがあった。
「綺麗にしたっていいじゃないか!」女性を解放するような写真だった。

先日、調布にあるホームセンターの掲示板にスクールのポスターを貼らせてほしいとお願いした。
インフォメーションカウンターにお礼を言って帰る時に、50代らしい女性スタッフ2人の会話が耳に入った。「なんでもネイルスクールらしいよ。」「でも爪をキレイにしたら台所仕事ができないもんね~」
私は休日だったので子供を連れていた。しかもその店で沢山のお買い物をしていた。とても丁寧に対応してくれた後だったので残念に思った。失礼なスタッフだな~と感じたが、悪気はないようだ。勤務中に緊張感が抜けているだけなのだ。
ネイルは決して安くはないし、やる気があれば自分でもできる。でもあえてプロにしてもらう価値を知っている人や爪を綺麗に維持したいという心がけがある人がネイルをやればいいのだからと思い、さして頭にこないネイルな女社長であった。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。
atelier Yzホームページ

■コメント
25歳の時にある時突然アトピーになり、たったの半年で
アトピー治療で有名な病院で一番重度の患者となりました。

飾る事全てを諦めなくてはならなかった時、
最後まで唯一できたのが、マニキュアを塗る事。
女性としての私の最後の砦でした。
『私はまだ女を捨てたわけではない』と。
服すら着ていられなくなった時に諦めましたが
快方に向かい最初に飾れたのも爪でした。

綺麗になりたい。
女性であれば誰もが思うことだと思います。
鏡を見る勇気がなくなった時、
自分の視界に入る爪を見て
他はできなくとも爪だけは飾れる。私にはまだ爪がある。
そのことで随分救われたんです。
多分これも万人には受け入れられない話でしょうが
そんな事もあるのだということで。

あ、今はお化粧できませんが普通の皮膚状態です。

●コメントありがとうございました。
心にずっしりと響く内容でした。涙が出そうなんですけど~!
ネイルが心の支えになっていたのですね。
ネイル美容は人に勇気を与えてくれる・・そんな力を持っていますね。

私は、OL時代から自分探しをしていて、ネイル業界に出会いました。
これがなければ今頃どんな生活をしていただろうと思うと
ぞっとします。
大変な思いもいっぱいありましたが、私にとってネイルは生きがいです。

最後の普通の皮膚状態です・・・にはとても安心させられました。
よかった・・・と思いましたよ。

ご丁寧にお話くださってありがとうございました。


■neil5700さんのコメント
こんにちわ。neil5700です。

子供が風邪ひいたりすると大変ですよねぇ><
私も来月で8歳になる息子がいますが 初めて保育園に預けた
年の冬は12月中半分以上は風邪で休ませる。と言うのが続き
母子家庭なので預ける人もいず職場でもキツイ思いをしました。

今は滅多に病気をしませんが ほんと あの頃が一番キツかったなぁ・・・と今でも思い出します。

小学校の授業参観などスカルプをつけっぱなしで出席すると しろーい目で見られる事も・・・(汗

ママさん達の中で小学校スタイルって言うのが出来ているのか それをいつもはみ出ている私は
(なんでキレイにしちゃ いけないのよ><)っていつも心の中で叫んでいます。

お仕事・子育て とても大変である事を私も身をもって理解しています。
充分がんばってらっしゃると思いますので あえて がんばって!じゃなくって
お互い「ほどほどにがんばりましょ~ネ♪」(私はほどほどすぎますが・・・笑)

それでは。子供さんの風邪 お大事に~。

●neil5700さんコメントありがとうございます。小学校スタイルですかあ~世間は厳しいですね。私は義理の姉に結婚当初「その爪だっさあ~い」って苛められました。今でも根に持っています・・・あ!いやちがった【汗】・・・今でも忘れません。でもその時にはまだネイルは流行る前でしたし、経営もしてなかったので、主人の家族に評判が悪くて当然でした。
でも、これを仕事にしてから理解も得られましたし義理の姉には遊びに行った時に「ネイルケア」をしてあげたら喜んでくれました。結婚前の皆さん!スカルプはやっぱり相手の家族にはあまり受けませんから予め覚悟してね。


■Ken-2004さんからのコメント
妻として、主婦として、母としてそして起業家として、一人何役ものご活躍・・大変な苦労がおありのことと拝察しております。
普通の人は、生活のために働いていると思いますが、中川先生は、ネイルのため、女性の美の追求のために自分を犠牲(?)にしてまてでも、頑張っておられる。その姿に心から敬意を表します。
自分のために頑張る人はたくさんいますが、人のために努力される人って、心から尊敬します。口で言うのは簡単ですが、実践されている人はなかなかいません。
しかも、周りの人に対する心遣い・・ただただ感心しています。何の力添えにもなりませんが、今後とも頑張ってください。

●Kenさんいつもコメントありがとうございます。
Kenさん・・・一言いいですか・・・。私も生活の為に働いている普通の人ですよ(T.T)そんな事言って下さりありがたやありがたやああ~。ま・見栄張って、生活掛かっていない有閑マダムって言いたいですけど。とほほ・・・。
でも、自分の為だけだったらとっくに辞めてるって思う時も確かにありました。
皆さんもそんな時があると思います。
自分が50歳になった時に、母として誇れるような自分でありたいと願っています。
[PR]
by yz-nail | 2004-11-23 14:13 | 社長

思い込みは誰にも止められない。

b0059410_1815784.jpg女優の黒木さんって「いい年の重ね方」をしていると思っている。うらやましい。素敵だ。
随分年取っていて、往生際悪く若者のファッションを身につけると返って老けて見えてしまう。(と、自分に言い聞かせつつ)誰も「頑張ってるねー」と嫌味さえ言えない年齢になると自分で悟らなければならない。
これはもう着ちゃいかんな~・・・みたいな。
テレビで黒木さんが「私は恋に落ちっぱなしです。」と言ってた。女の私でも彼女の口からそんな台詞を聞くとドキッとしてしまう。そんな黒木さんは女としてのスイッチは常に「ON」のままだ。
頭が良く、セクシーで、ジョークのセンスもあり、可愛い、美人。

夫婦の会話・・・
主人に「私が“黒木かおり”みたいだったら、毎日ハッピーだよね。」といってみた。
「どうしてるんだろうね。今頃。」←ほぼ即答の主人。
「何言ってるのよ。だから、“黒木かおり”だってば」
「いや、だーかーら!どうしてるんだろうねって・・思っているよ、って!!」←少々うんざりしている。

・・・???!!!

そう!ここでまちがいに気がついた。
黒木かおりは脇毛の方でした。私が言ってたつもりだったのはもちろん黒木瞳さん。
呆れ顔で「間違っていると思ったよ」と言われた後に大爆笑だった事はいうまでもない。
早く教えてよ!である。

思い込みは誰にも止められない。
それを指摘してくれる友達や存在というは年を取るごとに重要な存在になる。

写真は仕事中のマイデスク。差し入れで頂いたスタバの「抹茶スムージー」は心が平和になる。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。
atelier Yzホームページ

■Ken-2004さんのコメント

「友人は作るのではなく、寄ってくるもの・・」
あります あります。 こうした失敗!! 会話していて自分では、てっきり「Aさん」(本当は「Bさん」)と思って話していて、途中でどうも可笑しいなあ・・と気付き、あっそうか・・Bさんだぁ ってこと・・そうしたときに、それは、「Bさんだよ・・」と優しく教えてくれる友人がいれば、いいですよね。でもそうした友人は、自分から作るものではなく、自分の平素の立ち振る舞いに自然と寄ってくるものだと思います。

そしてそうしたときに、素直に「私、勘違いしていました・・」って笑いながら大きな声で訂正できれば・・いいなぁ  そうした姿に友人は寄ってくるものだと思います。

中川先生の明るさには、きっと多くの友人が寄って来ておられると信じています。

●Ken-2004さんコメントありがとうございます。「友達は寄ってくるもの」なのですね。自分の心がけ次第で、いい友達も悪い友達も呼び寄せるって事なのでしょうか。
私の自慢は友達です。私にはもったいないぐらいすばらしい~素敵な友達ばかり。
人生の宝ですよね。そう考えると中川の心構えはすばらしい?(って言ってみたかっただけですからね。)

高校生の頃、違う学校に行った親友にこんな事を言われました。

「あなたに”心友”はいますか?」と耳にした時に、私の顔がすぐに浮かんだと言われてとても嬉しくなった事を思い出しました。
今でも毎年、誕生日に忘れずに必ず心の込められたメールを送ってくれる有難い親友です。
[PR]
by yz-nail | 2004-11-22 18:15 | 休日

「そりゃひどいよねえ~~」

b0059410_8414572.jpg

自宅の給湯器が壊れた。ってことは、つまりだ・・・お風呂に入れない。
金曜日は近所の銭湯も休業日。
夜にガス会社に電話が繋がった。明日の9時から12時の間に伺います。との事。
そんな幅広い時間では動けないじゃない!完全に代理店の方に都合のよいやり方である。
少し不満。

翌朝、9時にやって来るかもしれない業者に合わせて中川家の朝は稼働していた。電話もこないが、姿もない。いつかいつかと待ったら9時30分に電話が鳴った。
「土曜日なんで、2時~3時の間に行きます」
ぷちん・・・「そりゃひどいよねえーー!」と一喝してしまった。相手は電話の向こうで引いているのが分かる。そんなこと言われたって私のせいじゃないし・・って感じだ。
そんな電話なら9時前に電話してくるのが筋だろ。
一晩お風呂に入れないというイライラをぶつけてしまった。
怒っているのに案外私の思考は冷静だった。新潟の被災者は大変だろうな・・とか、髪をキッチンで洗ってから出社だなとか、独占企業じゃ殿様商売になるんだな。とか・・・

時には私もどこかのお客様となり、クレームを言う立場になる。
今回のクレーム・・私はどう対処して欲しかったのか?
時間を約束通りにして欲しかった?いや違う。間違いは誰にでもある。
でも一言でいい、こう言ってほしかった。
「急を用する事なのに誠に恐縮ですが、あいにく2時から3時の間にしか行けないのです。貴重な週末に心苦しいばかりです。またそのような変更のお電話は9時前にするべきところ連絡が遅くなり大変申し訳なく思っております。不手際を心より謝罪いたします。」
相手が怒っているからって開き直ってないで、会社を代表するスタッフの一員として対応して欲しかった。
「苦情を言われる相手の立場は弱い。いくらもっともな事でも、そんな立場の弱い相手に対して言い方は柔らかく。相手をやり込めるような言い方だけはしちゃ駄目だよ。」と母に言われていた事を思い出した。確かに言い方っていうのがあるよな~中川反省・・・・

写真はセルフ給油中の私の車。無駄を省いたスタイルは何故か心地よく感じる。
その裏で失業率が上がるけど。
>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。
atelier Yzホームページ

■purlさんよりコメント

学生の頃に某有名アミューズメントパークで
キャストとしてアルバイトをしていました。
お客様が多いということはそれだけクレームも多いんですね。
で、私自身がクレームを言われた時に思ったのですが
人間頭ごなしに怒られるとムカッとするんです。
まさに「知らないよ!私のせいじゃないしっ」ですね(苦笑)

でも同じ内容でも
『すみませんが……』って態度で言われると素直に優しい気持ちで
ああ、申し訳ないな、どうにかならないかなって手段を考える。

いや、本当は同じ内容なら同じ対応にならなきゃダメですが
気持ちによってやっぱり対応が変わってしまいますよね。

●Purlさんいつもコメントありがとうございます。
クレームの多いといわれるところで働いていたとの事ですが、それでは多分私よりも経験が上ですね。短い文章の中できれいにまとめますねえ~~って違うところで感動もしてます。(笑)Purlさんってさすが!ですね。
・・・そういうものですよね、人って。分かっているつもりなのに何故か自分がクレームを言う立場になると相手に対する思い遣りに掛けてしまいました。
以前、スタッフの心構えの悪さでお客様からクレームを頂いた事があり、そのクレーム対応に夜遅くまで掛かって謝罪し続けた事があります。
とにかく、逃げずに聞こう・・・という姿勢で。
「いい気分を求めてご来店しているお客様に対して、不快な気持ちを与えてしまった事を申し訳ない気持ちでいっぱいです。」と言ったような気がします・・・。
1人のお客様を失うという事は、同時に10人を失うとも言われていますよね。悪い噂ってなかなか消えないですから。今後も気を引き締めて取り組んでいきたいと思います。



■Ken-2004さんよりコメント

私も常々社員に対して、仕事をするに当たっては、『相手の立場に立って・・』ということを心掛けていますし、また、そのように指示していますが、社員の仕事の一つ一つを検証することは出来ません。そして、99%の者が、キチンと対応してくれていても、残り1%の者の対応が悪く、利用者の方に不満を抱かれると、「あそこの会社は・・」と会社全体が評価されてしまう。そして、そうした企業は、最終的には淘汰されてしまう結果になると思います。
そのように、特に、競争の激しい業種では、一旦、失った信頼は、企業の存亡に繋がる。一方、ガス会社のように代替えの効かない業界では、理屈では分かっていても末端まで、そのことを浸透させるのは容易ではないのでしょう。
ネイル業界は、お客様に『あのお店はいいよ・・』との印象を抱かせることが、最も大切ではないかとかんじています。不幸にしてクレームを受けるような事案が発生してしまっても、その後の対応によって失敗を挽回するだけでなく、逆に『大してものだ・・』と評価されるような、誠実で心のこもった対応をしたいものです。
いつも、一人ひとりのチョットした心掛けが、大きな財産となるよう心掛けたいと考えています。

●Kenさんコメントありがとうございます。おっしゃられる通りです。いいことをおっしゃいますね~~。
中でも電話応対はとても重要です。

ネイルに興味があり、当店へお越し頂けるお客様を外回りで一人見つける事は大変な事ですが、それを考えるとお客様からの電話の一本一本は心を込めて有難くお答えして行かなければと思ってます。
クレームもお客様にお店を育てていただくというスタンスも失わないようにしたいと思っております。
[PR]
by yz-nail | 2004-11-21 08:21 | 社長

クリスマスのネイルイベントの打ち合わせ

b0059410_20545261.jpg
クリスマスのネイルイベントを伊勢丹府中店で開催する。18日(土)19日(日)の2日間。詳しくはHPで発表するが、とにかく値段が破格っていうのが目玉だ。皆さんがこのイベントをきっかけに百貨店へご来店頂けたらとても嬉しい。
カラーリングは¥1,050だし、フルーティーホットオイルマニュキュアは¥3,150、今流行のUVジェルフローターは10本で¥3,980で受けられる。なんだかやり過ぎだろーと自分に突っ込みを入れてみる。
でもこれをきっかけに、ネイルに親しみを感じてくだされば幸いだと自分を慰める。
目標金額も設定して、「頑張ります!」と打ち合わせ場所を後にした。

イベントではちょっとした顔なじみにも会ったりもする。
「あれ?中川さん、バイトしてんの?」「うん、まあね。」という会話。すれ違いざまの挨拶。

私の若葉マーク社長時代の話しだ。とある美容室にお客として行った時の事。
ネイルの仕事をしていると話をしたら、コラボしたいと言われた。
たまたま、担当してくれた男性は店長というではないか、これは話しが早いと思った私は熱心に話を進めた。
そしたら彼の口から思いがけない一言が・・・
「ま、オタクの社長さんがどういうか分からないけどね。ま、社長には話しておいて下さいますか?」と言われ咄嗟に「あっはい、伝えておきます」って言った自分がいた。
「お前が社長だあーーー!」と自分に言い聞かせるネイルな女社長であった。
「いや、私が社長で・・」というタイミングを逸してしまう時もよくあった。

昨日購入した、棚の取り付けをスタッフに任せて、また別の打ち合わせに向かった。


>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。
atelier Yzホームページ

■Ken-2004さんのコメント

美容室での店長との会話、申し訳ないけど可笑しくもあり面白かった・・・「・・社長には話しておいて下さいますか?」、中川社長は、「自分が社長です。」と言わずに、「・・伝えておきます。」と言われたとか・・それは、社長である立場からすれば、不愉快かも知れませんが・・その場で、「私が社長です・・」と相手の間違い・勘違いを指摘した場合・・その後のことを考えるとどちらが賢者なのか・・と思っています。
中川社長が社長であることは、紛れもない事実であり、それを知らずに言った人に、ズバリ指摘して相手の鼻をへし折り・顔を潰すより、一社員・スタッフのふりをして、その人達が社長のことをどう見ているのか?何というのか?を把握できれば・・(ずるいやり方かも知れないけど・・)その後の社長・お店の成長・発展に役立つと思いませんか?
昔、殿様が変装して、街中をまわって町民の生活ぶり等々を知り、施政に活かした。との話もありますよ。
私も時として同じような場面に出会うことがありますよ。私服でいるときに「ここのトップは・・・」と言われるとその人に合わせてその人の真意(言わんとしていること)を聞き取り、以後の運営に配意することがあります。
さりげなく「あっはい、伝えておきます」と言えた中川社長は、周りの人達へも自然な気遣いが出来る素晴らしい女性社長であると思っていますよ。今後も頑張ってください。

●Ken-2004さんコメントありがとうございます。
なんだか、中川社長がすばらしく思えてくるような身に余るコメントありがとうございます。
本人がそこまでの配慮があって言ったかは相当疑問ですが(苦笑)Kenさんも企業のトップなのですねー。幅広い意見を聞いても生かせる人とそうでない人とトップの度量も様々だと思いますが、そういうKenさんもすばらしい。

今後ももっと、誉めて下さいね♪・・じゃなくって(失礼)企業のトップのお立場から今後もご意見をお聞かせくださいね。

■Purlさんのコメント

わたしもごめんなさい、
ken-2004さんと同じで面白かったです。
というか懐かしかった、かな?(笑)
まぁ私の場合ほんとに小娘だったので(当時25歳)
そういう経験、ありますよー。

これから『社長を目指す』人に肝に銘じて欲しいのは
社長って聞こえはいいけれど、本当は大変だと言う事ですよね。
まずは従業員に払う為、取引先に払う為に、
どうしても社長の給料って後回しになりがちですし。
社長=お金持ってる図式があてはまらないこともありますしね
『あたし(おれ)社長なのよ!』
って態度じゃダメな時も多いですよねぇ。
真摯であれ。かなぁ……。
どんなつながりがあるかわからないものですよね。

●Purlさんのコメント読んでいて感謝の気持ちでいっぱいになりました。
言いたいところを代弁して下さって。
私も聞くも涙・・語るも涙・・・っていう事もありましてが話せる人がいないというのが一番辛いですね。
私は必要以上に強がったり見せてしまうらしく、苦しい時期に主人から責められた時がありました。自分の情けなさや辛さ、心の想いをすべて打ち明けた時に理解を示してくれました。

「自分が好きで始めた時だし、周囲に相談するのは間違っている」ぐらいにすべて自分で抱えてしまっていたのですが、スタッフや家族に協力を求めて物事が今まで以上にスムーズに運んだ時もありました。

自意識過剰でした。

そんなにでかい社長の器がないんだから、周囲に助けを求める事も必要!それを受け入れろ!って事だったんだと思います。

すべて自分でやりたがる社長の下には何も育たないって事もありますしね。
[PR]
by yz-nail | 2004-11-19 21:02 | 社長

社会保険労務士の先生とのミーティング

b0059410_21232217.jpg
今日は、社会保険労務士の澤田先生にお会いした。
人を一人雇う事になれば、社労士という存在は経営者にとって大変必要な存在だ。
過去に従業員から売上金を盗まれた事があり、その経験からその重要性を痛感した。
実際、自分の身に切実な問題として降りかかってこなければ、先生との出会いもなかった。
独立開業した頃は恥ずかしい事に「社会保険労務士」って実態が分からなかった。
税理士事務所に紹介してもらってからご縁があった。
いろんな事例を挙げて、解り易く丁寧にご指導下さる。
澤田先生には「ネイリスト起業セミナー」でも講演をお願いしたが、反響がすごかった。それは先生自身も驚く程のものだった。
問題が起こってからでは手の施しようがないような法律に関わる事態は、長期的な経営をしていく中では避けて通ることはできない問題かもしれない。中には、いくらベテランの澤田先生でもお手上げになる場合もある。
「社長それは・・・泣くしかないです。」というケースもあり、知識があって、やるべき事さえしていれば十分に避けられた簡単な事も沢山ある。問題が起こる前に手を打っておく、それが肝心なのだ。
詳しくは第三期の「ネイリスト起業セミナー」で驚くべき実態と体験談を明かします。ひや~怖いですねえ~、恐ろしいですねえ~~(←淀川さん風に・・ふるっ・・汗)次期セミナーは来年5月以降に大阪での開催を予定しております。是非ご参加くださいね。


そしてそして、午後にはネイルサロンに棚をひとつ取り付けるために、日曜大工センターへ行った。アクリルの棚をひとつ取り付ける為だ。
なかなかサイズで合うものが見つからず奔走したが、いいものを購入できた。
明日は取引先の百貨店とクリスマスネイルイベントの打ち合わせがあるので、その際にサロンに寄って棚を取り付けようと思う。
え?明日は金曜日で社長はお休みでは?と声が聞えてきそうだ。他に何も予定がない寂しい女社長は仕事が友達である。(苦笑)

※写真は御用達「大工センター」。

atelier Yzホームページ

■purlさんからのコメントです。

purlです。

実際に経験してみないとわからないこと、ってありますよねー。
いい税理士さんに出会う事。
社会保険労働士さん、とは個人経営だったので出会ったことがありませんが
きっと同じ事だと思います。
失敗しないと分からない。
でも、失敗したことがある人間にとっては、
他の人にはできれば失敗して欲しくはないので
お伝えしたいことですよね。

起業するのはある意味簡単です。自分の意志ですから。
ただ、継続して行く事はなにより難しい。自分の意志だけでは済みません。
(廃業することも、自分だけでは済みませんし)
起業家の為のセミナーで皆様にたくさん伝わればよいですね!

中川社長、クリスマスネイルの写真期待しております。

●purlさんコメントありがとうございました。

>失敗したことがある人間にとっては、
他の人にはできれば失敗して欲しくはないので
お伝えしたいことですよね。

そうなんです。売上金を盗まれた事も含めて自分にとってマイナスな出来事が「ネイリスト起業セミナー」のきっかけとなりました。
知っていただけで避けられたトラブルを一人でも多くの起業しようとする方に伝えたかったんですよ。
クリスマスネイルですか・・了解しました!是非ご期待くださいませ~。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。
[PR]
by yz-nail | 2004-11-18 21:18 | 社長

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧