ネイルな女社長のきままなダイアリー


有限会社アトリエワイズ 代表取締役中川康代   ブログを通してネイル美容の魅力とすばらしさを感じて頂けるなら幸いです!爪という小さな世界に大きな感動があります。ネイル美容は力と勇気を与えてくれますよ!
by yz-nail
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

休日の出来事(1月31日・月)

昨日の日曜日は、先週の忙しさを癒し今週に備えてゆっくり体を休めるつもりでいた。
大好きな映画を観ながら怠惰な一日を・・・と企んでいたのです。
しかし、随分前から車のバッテリーが上がってしまって、動かないままに。
車内灯をつけっぱなしにしてしまったから・・・・。

車の保険会社に問い合わせると、保険内の無料でサポートしてもらえるというので早速お越し頂いた。
どこを操作して、ボンネットを開けるのか分からないぐらいなので、バッテリー切れなんて初体験。

充電後、ここで驚愕の事実を聞く事になる。
バッテリーを充電したらエンジンを止めずに30分以上走行し続けなければならないと言うではないか。
車よ・・・そうだったのか。

しかし、いいのだろうか・・・私はすっぴんだった。「このまま行けと・・・?」仕方ない・・すっぴんのままとにかく走った。・・・・いや、運転した。

頭の中に、映画の予告みたいなものが流れていた。字幕スーパーが大音響でスクリーンの中を踊る。
「ハードボイルド!」
「ノーメイク主婦!」
「ひた走る・・」
「ノンストップ30分!」
「自由への逃避!それは、バッ!テリー!補充うう~~~!!」
・ ・・・・。
すみません。ちょっと中川は壊れています。(苦笑)

b0059410_21133425.jpg
無事に、歯列矯正の器具を取りました!リテーナーが早々に仕上がったので、外す時期が今日に早まりしました。
2年2ヶ月掛けて、歯列を整える事ができました。
「ばきっばきっ」と音を立てて器具が外されていく時に、色々な思い出が頭を駆け巡った。
私は今日からハリウッドスマイル(ふるっ)で写真撮影が出来ます。
でも、そのリテーナーってやつ・・・当分、はめて生活しなければなりませんが、普通に会話が出来ないのです。ちょっと舌足らずのような話し方が怪しいのです。

映画の中のワンシーンを思い出しました。アンジェリーナ・ジョリーの部屋に彼氏が訪れて、慌ててリテーナーを口から外しピンクのケースにそれをしまい込み、何もなかったように彼氏に微笑みかけるシーンを思い出していました。

お世話になった矯正歯科の先生と記念撮影をしました。かっこいいでしょ?中川はいつもうるさくてすみませんでした。約束の“ゴム”もサボっていた事も多くて・・・・。
そんな中川に対して、いつも優しい物腰、丁寧で大好きな先生でした。2年間お世話になり有難うございました。
受付のスタッフに笑顔で「おめでとうございます!」には、ぐぐっときてしまいました。
まだ、当分通いますので宜しくお願いします。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
めるまが登録ページ
atelier Yzホームページ

■neil.5700さん、コメント有難うございます。(1月29日のブログに対してのコメントです。)
こんにちわ。中川先生のブログマメに拝見させて頂いてます。

上達の秘訣は「スクールで習った事を2倍以上の時間を掛け、受講日から日を空けずに自宅で復習する」とありましたがホントにその通りな気がしてます。
私の中で支えになってる思いが「練習を散々して、これ以上は練習できないと限界を感じた時に、初めて自分の可能性に見切りが付けられるのではないでしょうか?」と言う言葉そのものです。

スクールで他の生徒さんを見かけ「数ヶ月前見かけた時は私より授業の進みが遅くあまり上達できてない?」と言う生徒さんが
久しぶりに見かけたら 私の授業をとっくに追い越しかなり進んでいた。と言う事がありました。その時の私は「え?なんで?私も
練習してるはずなのに・・・むいてないのかな?」と言う思考が走りましたが、よく考えてみると「その生徒さんは今の私の練習している。と
言う時間よりもっともっと練習していたんだと。私の練習時間はまだまだ限界時間では全くないと言う事。練習している。と言う言葉の
安心感から来る怠慢さ。」 色々な思いがありました。

本当にこの世界は奥が深いものだなと近頃よく思います。なんというか「もしかして私とんでもない事に手を出しちゃった?」(笑)
と言う言葉がよく出ます。これから先、もっと色々な技術を吸収していきたいです。
中川先生の言葉でもっとがんばってみよう。と言うより強い支えになった気がします。
by neil.5700

●neil.5700さん、コメントありがとうございました。
とても正直な気持ちを打ち明けて下さったのだと思いました。練習が出来ないという理由を挙げる事が得意な人もいます。でもそんな話からは何も生まれませんよね。しかし、neil.5700さんは、自分より一歩リードした人を見て、多くを感じエンジンを掛け直しています。すばらしいです。何かを感じた瞬間こそ成長のチャンス到来です。しかし、チャンスを見逃すとは行動に移さなかった場合です。
明日から2月です。
新たな月の始まりですね。毎日少しづつできる事を始めてみたいと思います。
neil.5700さんにとって、支えとなった言葉をブログで発信できた事、私も嬉しく思っています。私自身がneil.5700さんの言葉に逆に刺激を受け頑張ろうと思いました。
[PR]
by yz-nail | 2005-01-31 21:39 | 休日

上達の秘訣・・・(1月29日・土)

b0059410_16304283.jpg
先日、ブログでもご紹介しました特待生の“Sさん”こと佐々木さん(写真)を紹介します。

お子様お二人をご主人様に預けて、受講にいらっしゃいました。
2日目の今日はネイルケアをしました。
見るのとやるのとでは、大きな違い!「難しい、難しい」と口にしながら必死に取り組んでいました。
特に爪と甘皮の間に伸びてくる古い角質をキューティクルニッパーで根こそぎ除去していかなければなりません。

私もネイルスクール時代に、ネイルケアのあまりの難しさに、「独立したらメニューにネイルケアは入れない」と思った程です。そんなお馬鹿な事を考えるほど修得に行き詰まりを感じた時期もありました。

少し刃の角度を間違えると、皮膚を切ったり、甘皮を切り過ぎてトラブルを引き起こしたり、ささくれを作ってしまいます。

ネイルスクールとは、今まで自分がやっていた「塗ったり、描いたり」の延長だとばかり思っていたら、奥深さに驚かされる・・・」そんな感想をよく耳にします。
だからこそ、自分のものにできた瞬間はなんとも言えない達成感と充実感に包まれます。
これは諦めずに努力した人のみが味わえる、なあーんとも言えない幸福感。

上達の秘訣は、「スクールで習った事を2倍以上の時間を掛け、受講日から日を空けずに自宅で復習する」事だと思います。
ネイルケアの授業を終えると、初めての人は視神経が疲れて頭から肩にかけ、非常に疲労する。無駄に力を入れすぎたりするからです。

特待生の佐々木さんは、2日目にしてはニッパー使いに安定感があり、教えている私が嬉しくなるほど飲み込みも早かったように思います。私がニッパーの支えをレクチャーすると、その持ち方をそっくり真似るのです。インストラクターの手元を脳にしっかりと焼付け、そっくり再現する事ができ感心しました。観察力があるんです。

上達の近道は「上手い人を真似る事」だと聞いた事があります。
佐々木さんは、きっと近い将来ネイルケアを自分のものにできるのはないかと思いました。

よく、上達しないから自分に向いていないとか、覚えが悪いとかいう事をおっしゃる人もいます。そんな結論を早々に出すのは自分の可能性を潰しています。
練習を散々して、これ以上は練習できないと限界を感じた時に、初めて自分の可能性に見切りが付けられるのではないでしょうか?(と、自分にも投げかけています。)
生徒の皆さん!プロになるその日まで一緒に頑張りましょうね。


>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

★「ネイルな女社長のきままなダイアリー」ブログをめるまが登録して頂くと、更新時に最新版をメールにてお届けいたします。
めるまが登録ページ
atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-01-30 16:48 | ネイル

客でもない男の僕に挨拶するんだ?(1月27日・木)

b0059410_0181533.jpg
ブログ投稿に向かう時には、必ず一杯のコーヒーを用意してから打ち始める。
今日は「ポタージュ。」
正直、体は疲れぎみ。今コーヒーを飲んだら胃が荒れるのではないかと思ってしまったからです。でも少し嬉しいエピソードがあったので報告しますね。

27日の私のスケジュールはというと。
午前中はショップスタッフと打ち合わせ。
その後、別なスタッフとランチミーティング。
午後は、新店舗を出す「くるる」の総会に出席した。
総会は初体験、興味津々だった。デベロッパーと出店企業とのやり取りがあった。
みんな気持ちは一つだ・・・「いいものを作り上げたい」
出店企業の質問には「それではお客様はどうなるのでしょうか?」「お客様としては」などなど、お客様の立場に立った話し合いで、・・・「主人公はお客様!」そこの重要なポイントから少しのブレも感じなかった。
いい刺激を受けた。
その後に懇親会があり、テーブルにはおいしそうなお食事が並べられた。
中川は腹ごしらえを済ませると、ここぞとばかり名刺交換に走った。嬉しかったのはタイアップ企画を相談したいと考えていた大手企業さんに、逆アプローチを受けた事だ。
あしげにされるかな~?なんて緊張したが、とても好感触。
早速、後日企画を持ち込んで相談させて頂こうと思いました。決まり次第、ブログ読者にいち早く報告!って企んでおりますのでお楽しみに!!

最後に、某会社社長との名刺交換・・・・。
すると、
「僕はね、NASスポーツクラブの会員なんだが、そこでもネイルをやっていたよ、きみのとこじゃないのか?」
と聞かれ緊張が走りました。
「なんで、スポーツクラブでさ、客にならない男の僕に挨拶するんだ?」怒られるのかな?というテンション。
ところが・・・
「すごーく、気分よかったんだよね。体を鍛えて風呂に入って気持ちが良くて、帰り際に“さようなら”って声を掛けられて、またまた気持ち良くってねえーーー。」
と、やさしくお褒めの言葉を掛けてくださいました。

「すべてのお客様へ分け隔てなく挨拶をして下さい・・・」を、忘れずに実行してくれていたスタッフに心から感謝した瞬間だった。
お客様も感じて下さっていたんだな~と、ものすごく嬉しくなりました。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-01-29 00:24 | 社長

今日からネイリスト人生!(1月26日・水)

b0059410_053246.jpg本日、特待生としてスタートされた松崎さんをご紹介します。
「プロのネイリスト」を目標に第一歩がスタートしました。期待感に胸を膨らませて・・・そんな雰囲気を漂わせながらお越しくださいました。
埼玉の朝霞市から約1時間かけて通学します。
ブログで静止画像の中川しかご存知ない松崎さん・・・・「なんか変な感じです。」動く中川を見てそんな言葉を発していた松崎さん.色々と想像しつつお越しになったのだと思います。
中川は思わず、「こんな実物で本当にごめんなさい!」と謝罪しつつ名刺をお渡ししました。(笑)

松崎さんは、自分の爪にコンプレックスを持っているそうです。
ご自身が送ってくださった作文の一部をご紹介します。

「身体のほんの小さな部分かもしれないけれど手元は生活感が一番表れるところだと
思います。誰のためでもなく自分自身が気持ちよくいられて、楽しめて。
時にはネイルアートをして豊かな気分を味わったり!そんな夢を与えていけるような
ネイリストが目標です。」

短い文章の中に納得の部分が多いです。
自分の爪にコンプレックスを持っているネイリストの強みは、悩みを持ったお客様の言葉を同じ体温で聞いてあげられる“ハートを感じる”そんなネイリストになれると信じています。
自分自身がマイナス点を持っているからこそ、説得力ある言葉で説明できるのです。

応援してくださいね!

※写真はとってもうれしそうに受講される松崎さんです。初日からネイルケアの実践です。キューティクルニッパーとガーゼを同時に持って施術をする難しさを痛感する生徒さんが多いですよ。サロンでネイリストを見ていると簡単そうなんですけどね。見るとやるとでは大違いです。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-01-27 00:17 | ネイル

辞めない感動の理由(1月24日・月)

b0059410_12373019.jpg今日は、久しぶりに受講へ来られた生徒さんと授業をしました。
その生徒さんはすでに他店でネイリストとして一店舗を一人で任されている存在です。
その生徒さんが、何故ネイルスクールから一時期、足が遠のいたのかという話を聞きました。
技術に自信が持てなくなったり、本部の担当者と上手くコミュニケーションが取れない事・・ネイルを知らない、関心の薄い担当者とのやり取りにはやり場のない怒りを感じたり苦労が多いというのだ。「ネイルで働くのは辞めたいと思った」という。

彼女が口を開くと同情したくなる話ばかりが聞えてくる。
そこで私の頭をよぎったのは「何故、辞めないか」という疑問。

「でも、何かいい話があるでしょ」と聞いたら感動の話がありました。

どんなに辛い想いをしても辞めない理由は、私を支えてくれているお客様がいるから・・・
といいました。

悲愴感漂う表情が急に穏かになり、語り始めるその視線は誰かを思い出しているようでした。
小さい店だから、ほんのわずかなお客様しかいない、でもその中の、またほんのわずかなお客様の為に働いているんです。
自分の中で100%の仕上がりにならない時、売上が悪い不甲斐無さに、辛く落ち込み、辞めようと思う時に限って、私を応援してくださるお客様の予約が入ると「あ・また辞められない」と思うのだそうです。

そのお客様が楽しみにして、ご来店される時の表情を胸に頑張るのだという。

お客様の中には「休憩はとったの?」と「優しい言葉とキャラメルマキアート」を差し入れてくれたそうだ。それが自分よりも随分年下で若いのにその気遣いぶりに感動したという。

また別なお客様で、いつも来てくださっていたのに当日連絡なくキャンセルしてしまった。これにはとても落ち込んだらしい。ところがそのお客様は体調を悪くしてご入院されていたという話、後日、年が開けてから「あの日、渡そうとおもったんだけど」と手渡された季節外れのクリスマスプレゼント。どんなに心を支えたか。

辛い時に、やさしい言葉を掛けられて「頑張ってね」月並みな励ましの言葉にさえ、ついお客様の前で涙ぐんでしまったというエピソード。
生徒さんの言葉からはあふれ出る洪水のように「感動エピソード」が出てきた。

「きっといい仕事をしているんだね。お客様の為に辛くても続けているなんて・・なかなか出来る事ではないよ。偉いね。」と・・・。

「話を聞いてくれてありがとうございました。」って言われた私。
それ以外は、技術を教える事しかできない私。
ここを巣立っていって、一人一人のネイリスト人生がスタートする。
人々を感動させられる仕事をしたい。そこが起点だと思うんですこの仕事は・・・。
何故この仕事を選んだのか・・・その気持ちを忘れずにいたい。

※ネイリスト検定が迫ると、「検定指定カラー」赤のエナメルをつけている私の爪。
私の手は練習用として使われます。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-01-25 12:40 | ネイル

テクニック(1月23日・日)

b0059410_23474686.jpgここのところメンタルな話が多かったので、少しテクニックの話をしてみたいと思います。
中川がテクニックだって口にしただけで・・・笑ってしまいますけどね。

BSテレビでニューヨークのワーキングウーマンを特集していたんですよ。
そこで見たものは、アフターファイブの彼女たち・・・。
プロにメーキャップを習っている。
ほう~、ここで技術の習得か・・・と思ったらそうではないらしい。
「自分を磨いている」のだ。

すべて行動は仕事に直結している彼女たち。
ファッションもメークもすべて、自分を上手に演出して表現する技(テクニック)を身につけている。
そして仕事でサクセスする種を蒔いている。

楽しみやリラクゼーション、娯楽・・・の為じゃなく、相手に自分がどう見られるかを常に意識している行動。

ニューヨークでは、肥満や歯並びが悪いと就職できないとか昇進できないとかいう厳しい話を耳にした事があります。
「見た目」は成功と密接な関係があるのかもしれません。

中には、ファッションコーディネーターと契約している女性もいて、第一印象にとても神経を使っている。

自分という「商品づくり」に余念がない。

それは芸能人となんら変わりないのだ。自分という商品を社会に売り込む。

いったいどんな人と一緒に仕事がしたいか?仕事を依頼したいか?・・・と思った瞬間に自分磨きが始まるのだろうと思った。


あなたがもし、営業の仕事や、人に会うといったお仕事なら、資料を出す手や文字を指差すネイルが、美しくお手入れされていると、相手に強烈な印象を与えて、名前を覚えてもらえサクセスするかもしれませんよ。
さあ!ネイルサロンへお電話を~~~!!

「じゃ中川・・あんた何を心がけてるの?」
今はスキンケアですかね。
“しゃぼんだま石鹸”この石鹸は1週間かけて釜でゆっくり作るという無添加の上質な石鹸です。これを泡立てて洗顔してます。お風呂でもこの石鹸を泡立てて体を洗ってます。
緊急SOS発令の時にはマックスファクターのSKⅡのマスクに救済してもらいます。

今日は、テレビを観てのんびり過ごしたり、プレゼンションシートの作成をしていました。
テレビに反応して4歳の息子が主人に「ねえ、自由ってなんなの?」と聞いた。
主人:「何の制限もない事・・・」
息子:「へえ~そうなんだ・・」
4歳の子供にその説明はないだろうと思ったが、親が親なら息子も息子だ!
理解できたとは思えません。
あなたなら何と説明しますか?

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-01-23 23:57 | 休日

自分が変われた一言(1月22日・土)

b0059410_23364289.jpg独立してからスタッフを抱えるようになって、人を指導する立場になった時に悩んだ事が色々とありました。
その一つには自分の言った事をすぐに改めてくれなかったり、改善されなかった時。
とても怒って、友達に愚痴ってしまった事がある。

自分のOL時代を思い出して、赤面するやら、反省するやらでしたが、自分の事はさておき、当初スタッフに対しては大変厳しかったように思います。(今でもだろ!という声が・・・苦笑)

その時に、私が大きく変われた一言に出会いました。

「人はいい意味でも、悪い意味でも物事を忘れるように出来ている。」
「なんで物忘れがいい意味なのよ!」
と強くつっこむと・・・
「いい意味で言うと、人は忘れる事ができるから相手を許してあげられる。どんなに喧嘩をしても、嫌な思い出があっても人は忘れる事ができるから、また優しくなれるのだよ~」

私の中に大きな一石を投じた一言だった。

理解してもらえなかったら・・・または、改善されなかったら「もう一度、丁寧に・・・」そんな気持ちが生まれた。

ま・自分の説明が下手だったとか、指導能力が未熟って場合もあるわけですからね。

スクールで指導する時に気をつけている事があります。
忘れて欲しくないポイントを話す時に、より印象に残るような出来事などを交えて指導するようにしています。
あとは、一方的に説明漬けにするのではなく、質問調にするとより効果的だという事。

中川は、よく授業中にこんな質問をします。

「はい、それでは問題です!“ネイルケア”の必要性を専門用語を用いないで、ネイルサロンが初めてのお客様に解り易く簡潔に説明して下さい。」

「その説明でお客様が、ネイルケアに関心を持ってくれるでしょうか?」

授業中は、突然そんな質問を投げかけています。
生徒さんは、何度も質問を受けて、徐々にすばらしい説明ができるようになります。
そんな成長した生徒さんを見てつい嬉しくて、思わず中川は「じゃ、ネイルケアお願いします!」って両手を出したりして冗談も言います。

大切な生徒さんが、ネイルサロンに就職した時に一歩秀でたネイリストであって欲しいので、少々くどくっても丁寧に指導しています。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ

■けいこさんからのコメントです。(1月21日・金の日記について)

ブログは毎日楽しみにして読ませて頂いております。
先生の日記は、私に色々なことを教えてくれます。人との接し方、社員教育等々大変参考になり、感激しながら読ませて頂くことが多々あります。
特に、車椅子の女性に対してビラを配付された。その女性がお店に来られた・・・との話し、多分、ビラを配付されたスタッフの方は、その時どうしても車椅子の女性に来店して欲しい!!との思いではなく、手元にあるビラを早く配り終えるために身近の人に配付したのではないかと推察していますが・・(スタッフの方から「違います。私は、真心を込めて配付しました。」と怒られるかな・・)
私も多くの部下を使う立場(サービス業ではありませんが・・)、常々心がけて欲しいこととして、『街の人に対して、特別なことをする必要はない。ただ、困って来られた人に対しては、前裁きをしないで、よく話を聞いて上げなさい。そして、万一、希望通りの解決が出来なくとも、その糸口を見つけて、教示しなさい。一人一人がそれぞれの立場で出来ることを確実に実行して欲しい・・』また『感謝を求めて仕事をするのではなく、感謝は仕事の成果に対して寄せられるものである・・』と話していますが・・、
中川先生のスタッフは、先生の気持ちをキチンと理解して、ビラ配付に当たっても、真心を込めて実践されているのでしょう。そこまで浸透させておられる先生の求心力に感心しています。
特別に言葉に出して言わなくとも、平素、先生のお客様への接客スタンスがスタッフに伝わっているのでしょう。これからも頑張ってください。

●けいこさんコメント有難うございます。お久しぶりのコメントとても有難く拝読いたしました。
『感謝を求めて仕事をするのではなく、感謝は仕事の成果に対して寄せられるものである・・』
いいご指導ができる、けいこさんの部下になってみたいと思いました。
クオリティーの高いご指導の下で働くけいこさんのスタッフはとても恵まれていますね。

自分が成長できるように、“いい上司”がいる職場を求める依存タイプより、いい仕事を供給して、良い波動を人々に響かせられる人って魅力的ですよね。
けいこさんに憧れますね。
また是非コメントをお寄せください。お待ちしております!
[PR]
by yz-nail | 2005-01-22 23:36 | 社長

目標という名の航海図(1月21日・金)

b0059410_23251785.jpg
天気の良い一日でした。
とても気持ちいい日です。そんな休日は絶好の仕事日和!(やはり・・)

内装業者からメールが届いた。
新規店舗の現在の画像がいろんな角度から10枚も!!。ありがとう~山藤くん!

今までは、イラストでイメージでしかなかったのが、とうとう写真として見る事になりました。
少し感慨深げに見つめていた。
「お~~。」という感じ。

新たな航海の始まりです。
目標という名の航海図を持ち。ネイリストという名のクルーと一緒に、いろんな天候の日に、いろんな状況を一緒に一丸となって乗り越えていくのです。

感動して頂けるようなお店づくり、スタッフを育てていきたいと思います。

以前、こんなエピソードがありました。

車椅子の女性が当ネイルサロンへお越し頂きました。サービスが終わりお帰りの際にスタッフへこんな話を聞かせて下さいました。

「以前、私はこのフォーリス店で連れと一緒に買物に来ました。そしたら、ネイルサロンのビラを車椅子の私に手渡して下さったのです。私はビラを頂いた事がなかったのでとてもうれしくて、いつかこのお店に行ってみようと心に決めて今日実現したのです。とても嬉しかったので。」と・・・・・。

館内にいらっしゃるお客様は、すべて大切なお客様。分け隔てなくいらっしゃいませと言葉を掛けるようにしましょう・・・というのがアトリエワイズ。
その言葉の成果でないとしても、スタッフの中に私と同じ気持ちがあった事がうれしいし、お客様が心の中に私達のお店を留めていて下さり、わざわざお越し下さった事にとても感激しました。

話はがらりと変わりますが、朝青龍が優勝しましたね。迫力のある取り組みでした。
って、私は本来興味がありませんでしたが、最近友達が升席でお相撲観戦をし、その画像を送ってくれました。間近であんな迫力ある体のぶつかり合いを見てみたいと思っていたら、今度チャンスがあればチケットを下さるとの事なのでとても楽しみにしています。
トラディショナルな日本のスポーツですからね・・・一度ぐらいは観戦に行ってみたいものです。

※写真はネイルサロンアトリエワイズくるる店。正面の突き当たり一角。
今は箱の状態ですが、こころから内装が出来上がっていきます。
進捗状況をお知らせしていきますね。

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-01-21 23:38 | 休日

カルチャーショック(1月20日・木)

b0059410_10242924.jpg
映画から受ける影響は大きい。
私は小学生の頃から映画鑑賞が趣味だったので、中学生から一人で映画館に行くようになっていた少々変わった子だった。

自宅でネイルサロンを開業した頃は、テレビで映画を上映していた。それが自宅でネイルサロンを開業する時の夢でもあった。
お客様はスカルプチャーをつけながら、2時間で1本の映画を観終える。

その時に日本では未公開の、「ジャネット・ジャクソン」とラッパーの「2pac」が共演した映画にめぐり会った。

ジャネットは、美容師の役でしたが、中にはネイルサロンのスペースもあった。
映画のワンシーンでカルチャーショックだったのは、ガラス張りの広いキッズルームがある事だった。子供達が、ぴょんぴょん大騒ぎしていても気にならないように防音効果のあるガラス。もちろん、子連れではないお客様にとって違和感がないよう配慮がある。
親が髪なり爪を綺麗にしている間、子供達は広いキッズルームで思い切り遊んでいる姿を親はいつでも見る事ができる。
その映画に出会った当時、私に子供はいなかったが、そのワンシーンが強烈に印象に残ったのだ。「すばらしい、アメリカは自由の国だ!」と感じた。(ってあなた何人だよ・・)

東京にある、美容室のキッズルームを見に行った事があるが、狭くて、無いよりはいいのか・・・と思う程度である。
それは土地の問題もあり事情が異なるのは仕方がないのかも。
しかし、わずかでもそんなスペースを設けたいという心がけはすばらしいのです。

私の将来の夢は、映画で観たようなキッズルームを完備したネイルサロンですね。
子供は親の姿が見えないと、とても不安になるもの。
狭いと閉じ込められた気分になる。
母親が子供との大切な時間を削って、少々後ろめたい気持ちで美容室やネイルサロンへ行く時代を終わらせたい。
週5日働いて週末に綺麗になりに行きたいと思ってもな~~~~悪いしなーーーと思ってしまう“子育てワーキングウーマン”は少なくない筈だ。

雑誌“VERY” 2月号に、「ネイルサロンでPARTYが流行中」と見開きで掲載されていた内容には、子供を交えて母親グループが楽しく飲み食いしながらネイルの施術をパフォーマンスとして楽しむ。そして綺麗になったお互いの指を眺めながらうっとりする。想像しただけでも至福のひと時に違いない。
この記事には深く頷いた。求めているものに近いのだ。
新規オープンの「くるる店」の同じ3Fのフロアには「子育て相談支援センター」という市の施設がある。子育てに関する“よろず相談”窓口。(決して子供を預けて映画を観に行くところではありません。)

私も是非相談に行ってみよう。
「子供の地声が大きいのですが・・・」と。
「それはDNAのせいです。・・・はい、次の方どうぞ!」とつまみ出されるに違いない。。(苦笑)

>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ

■Paulさんよりコメントいただきました。(1月15日土曜日の日記についてのコメントです)
こんばんは。

取材記事コーナーでネイルUP2003年3月創刊号
見開き1ページのネイルアート担当
とありますが、この雑誌持っているので
改めて見たのですが……おや?このアートって…
初めて作ったチップのアートのお手本ってこれだったか!

元は、御社のアートだったんですねー(^^;)
ラメグラデなうえ、花までもが。
というわけでこっそり真似っこしていました。
ここだけでの公開です。

なんだかブログで中川さんを知る前から
心惹かれてたというのが嬉しかったので……。
たわいないメールですみません。
ではではまた。

●Paulさんコメントいつもありがとうございます。
アートも拝見しました。とっても美しく花が描かれていたので感心していました。
意外と難しいお花の花びら間隔・・・・それがきちんと綺麗に・・・。

・・・・って私が本当に伝えたいのは、その部分ではなくって

私にとっては、たわいないメールでは全くありませんよ。
こんな偶然に驚きながらも、ご自身で作成したアートを添付してコメントを送って下さった、Paulさんの行為に対してなによりも感動したのですよ。
まずはお礼を・・・
ありがとうございます。
なんだか、私の日記にこんなにご丁寧に答えていただいているその行為に深く感動せずにはいられません・・・・。
心が、ぽわっと温かくなりました。
今後も何卒宜しくお願いいたします。
[PR]
by yz-nail | 2005-01-21 10:26 | ネイル

爪に亀裂ができたらどうする?(1月19日・水)

b0059410_11472168.jpg
皆様にお知らせがあります。第二店舗オープン日は3月17日木曜日で決定です。
ネイルサロンアトリエワイズ くるる店が誕生します。
お楽しみは4日間のオープニングキャンペーンを企画しています。是非お越しくださいね。
TOHOシネマズで映画の上映時間までに、まずネイルサロンへ行きます。
カラーリングが乾く間はゆっくりと映画を楽しみましょう。

午前中は、内装業者との打ち合わせでした。
今日の打ち合わせの主な内容は、棚や引き出しのサイズを決めるというところ。
デスクもすべてオーダーメードなのでサイズを決める事ができるのですが、これが意外と大変でした。
全員で頻繁に使用するもの、たまに取り出すもの、その頻度によって収納位置を決めます。
フォーリス店での経験がとても生かせていると思いますね。

さて、話は変わりますが、本日のタイトルにもあるように、皆さんは爪に亀裂ができた時・・・またそれが、切るに切れない痛い位置で亀裂が入ったらどうしますか?
バンドエイドでとりあえず・・・まずはそういう行動に出ますよね。

でも、ネイルサロンへ行けば修復復元できるのを知っていますか?

「え”~、それって・・・つけ爪させられるでしょ!」と上目使いで聞かないで下さい。
そうではありません。

ファイバーグラスと言われるガラスの繊維でできた布らしきもの、またはシルクを貼り付けて、魔法の粉と専用の接着剤で元通りの爪のようになります。
バンドエイドは「さようならあ~~~」です。快適な日常生活も復活します。
指先を使う細やかなお仕事に従事されている方などはバンドエイドでとても苦労する筈ですね。一度施術すると2~3週間は持続します。

これを、「ネイルリペア」といいまして、サロンメニューでは「シルクフィラー」とも言われます。
施術時間は1本10分程度で、1本¥1,050です。

さて、昨夜のタクシーの広告のお話。
お値段を聞いてみました。約50台のタクシーに広告を1ヶ月間載せると¥50,000と言われました。想像していたよりも高額でした。うーん・・・。


>>コメントはこちらへどしどしお待ちしております。

atelier Yzホームページ
[PR]
by yz-nail | 2005-01-20 11:51 | ネイル

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧